ホーム>スタッフブログ>早ければ早いほど、犬のしつけは安くすむ〜その2〜
スタッフブログ

早ければ早いほど、犬のしつけは安くすむ〜その2〜

続き

では、トイレトレーニングや、甘噛み防止、無駄吠え防止などの、社会化とは別のしつけは、いつから始めたらいいのでしょうか?

一番ベストなのは、生後3〜4ヶ月の間と考えます。

この時期の仔犬は非常に多感であり、様々な環境への適応力が高まります。
また、生後4ヶ月前後を仔犬の「打診期」とし、物事を理論づけて解釈するようになり、また自我も芽生え始めます。

自我が出始めてからだと、問題行動を直すのは、多少手間がかかります。
なぜなら、余計なことを覚えはじめてきてしまいますから。

例えば、エルフドッグスクールでのトレーニング修了までの期間をみると、生後4ヶ月未満の『パピートレーニング』の場合は、ほとんどの仔犬が4回\20.000で修了しますが、生後4〜6ヶ月までの場合は、5〜10回\25.000〜\50.000かかります。

生後4ヶ月未満と以降では、最大6回\30.000も変わってしまうんですね。

あくまで例ですが、もっとかかる子もいます。

→その3に続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/148

ページ上部へ