ホーム>スタッフブログ>2015年7月

2015年7月

教えて♪ひげのトレーナー♪『愛犬の問題行動、お金をかければよくなる?』東京練馬の出張訓練士エルフドッグスクール

教えて♪ひげのトレーナー♪『愛犬の問題行動、お金をかければよくなる?』東京練馬の出張訓練士エルフドッグスクール




Q:トレーニングを頼むと本当によくなるんですか?

A:はい。よくなります。

お金をいただく以上、結果を出すのがプロだと思っていますし、当然でしょう。

しかし、そのためには私のちからだけじゃなく、飼い主さんの頑張りが必要不可欠です。

当所は、人間であれば家庭教師。
いくら優秀な家庭教師に依頼しても、生徒が指導方針に従ってくれない、普段から勉強をしないでは、成績は上がらなくて当然ですよね。
まぁ、勉強嫌いの子供を勉強好きにしてあげるのも、優秀な家庭教師の条件かもしれませんが。

当所でも、私のやり方を飼い主さんに無理強いしてもらおうとは思いません。可能な限り飼い主さんのやりやすいやり方を探しながら進めていきます。
それができるだけのトレーニング方法の引き出しを多数持ち合わせています。

ですから、
必ずよくなる!と信じ、
必ずよくする!と心に強く思って、私と一緒に頑張りましょう♪

そーすれば、必ず結果はついてきます♪

なんだか、進学塾の広告のようになってしまいました(笑)

愛犬のしつけ悩み まだ放置しますか? 東京出張訓練エルフドッグスクール 『今月のお問い合わせラッシュ。そのワケは・・・』ドッグトレーナー・ドッグトレーニング

愛犬のしつけ悩み まだ放置しますか? 東京出張訓練エルフドッグスクール 『今月のお問い合わせラッシュ。そのワケは・・・』ドッグトレーナー・ドッグトレーニング




例年、盆暮れは暇になる当所ですが、今年はまさかのお問い合わせラッシュ!

そしてそのほとんどが、2〜4歳のワンコ。

噛む・トイレ・無駄吠え・・・

いつ頃からそうなってしまったのかを尋ねると、2歳以降という答えが概ねです。

なぜだと思いますか?

犬は2歳を過ぎた頃から、自分の考えや立場が固定されてきます。
つまり、個々の世界観が確立されるのです。
それまでに世の中の正しい道理を教えておかないと、間違った自己主張がなされるわけです。

犬は2歳を過ぎるとトレーニングが難しくなると言われる理由です。

ですから、このブログでも再三に渡り書いているように、とにかく早め早めの対処が必要なのです。

ちょうど今トレーニングしてきたワンコさんは、生後4ヶ月未満。
今日で4回目の、次回で卒業予定です。

たったそれだけで良くなっちゃうんです。

それでも、その問題行動をまだ放置しますか?

ドッグトレーナーの選び方 犬訓練士のどこを見る?

ドッグトレーナーは、『犬も歩けばトレーナーにあたる』ほど、ここ数年で飛躍的に人数の増えた職業だと思います。

比較的誰でもなりやすい職業ゆえに、残念ながら、残念なトレーナーも多いです。

いや、たぶん8割は残念です。

では、いったいどこを見て選べばいいのでしょう?

以下は、あくまで私見であり、逆に私自身が気をつけている部分です。

・『専業でない』
◯◯やりながら、土日をメインにドッグトレーナーやってます。とりあえずこんな人はやめませんか?

・『◯◯流トレーニング方法は危ない!』
トレーニングは、随時犬に合わせて変えていくものです。
自分の流儀を主張するトレーナーにはそれがありませんから、犬を自分の流儀に合わせようとします。
こーゆートレーナーも僕なら選びません。

・『アルファ論やリーダー論しばり』
ことあるごとに、「犬になめられてる!」という持論を展開するトレーナーは、私は勉強不足ですと言ってるようなものだと思います。
世界の有識者は、とっくにそんな理論じゃないし、普段からちゃんと犬と向かい合っていればリーダー論がおかしいことに気づきます。

・『犬に触らない』
最近では、飼い主をトレーニングする傾向があり、また迷走していると感じます。
もちろん犬をトレーニングするためには、飼い主さんの協力は必要不可欠です

しかし、それにかこつけて、自身は一切犬に触らないトレーナーもいます。たくさんいます。
理屈だけで、いったい何を直せると言うのでしょう。

上記以外にも、えっ?って思うことがあったら、とりあえず納得いくまで質問しましょう。
それでも納得いかない場合は、勇気をもってトレーニングを中止しましょう。


なかなか見極めが難しい業種ですが、お金は賢く使いましょう。

『愛犬をしつけたいなら、しつけようとしないことだ!』 東京出張トレーナーのエルフドッグスクール

『愛犬をしつけたいなら、しつけようとしないことだ!』 東京出張トレーナーのエルフドッグスクール



愛犬をしつけたいなら、しつけようとしないこと?????

とんちのような話ですが、事実この考え方は非常に重要なんです。

人は往々にして、愛犬にしつけを「教えよう」としてしまいます。
実はこの考えが根本から間違っていて、しつけは教えるのではなく、

『導く』
なんです。

教えようとすれば、しつけようとすれば、必ず愛犬の行動を咎めることになります。

「なんでこんなことしたの?ダメでしょ!」
「そうじゃなくてこうでしょ!」

そんなこと言われても、愛犬には伝わりません。皆さんのことを怖いと思うだけです。

導くとは、自発性を促すために、成功までのプロセスをサポートしてあげることです。
あくまで成功のゴールは、愛犬が自ら切るのです。
こちらは何も教える必要はありません。
愛犬が自ら理解していくのです。

だから叱らないですむ。だから関係性が崩れない。だから信頼がうまれる。だから愛し合える。

これが本当のしつけではないでしょうか?

お隣から苦情! 愛犬のしつけ問題で困ったらまず相談 東京出張訓練のエルフドッグスクール 「ER緊急ドッグトレーナーとして」

お隣から苦情! 愛犬のしつけ問題で困ったらまず相談 東京出張訓練のエルフドッグスクール 「ER緊急ドッグトレーナーとして」




・仕事から戻ると、玄関に「犬がうるさい」と貼り紙がされていました。
・犬の吠え声がうるさいと警察を呼ばれました
・母が噛まれて救急車で運ばれました

これは、実際に当所に寄せられたご相談の一部です。

こういった案件は、緊急性の高い問題なのですが、プロトレーナーに相談しても、緊急時の対策を講じてくれるトレーナーは少ないです。

「そういう犬にしてしまったのはあなたです」
「まずは、しつけに対する考え方を変えましょう」
「すぐに直る問題ではありません。周りの理解を得ましょう」

これは、僕に緊急でヘルプのご連絡をされてきた飼い主さん達が、実際に言われた言葉です。

プロトレーナーの言いたいことはわかります。
飼い主さんの意識を変えない限り、抜本的な解決にはならないのは事実です。

しかし、事は急を要すのです。
今すぐに何かしらの手を打たなければならないのです。
教科書通りのトレーニングでは対応できないのです。

エルフドッグスクールでは、一時のセオリーにとらわれず、今その時点で最も必要とされるトレーニング方法を、飼い主さんと一緒にプランニングしていきます。

にっちもさっちもいかないなら、とにかく当所にご相談ください。

昨日、実際にトレーニング先の飼い主さんに言っていただきました。
「今までノイローゼ気味だった。お陰で安心することができた。」

まずは安心しましょうよ♪


愛犬のしつけ問題 本気で解決したいなら 東京練馬の出張訓練 エルフドッグスクール 「パピートレーニングで一生楽しく♪」

愛犬のしつけ問題 本気で解決したいなら 東京練馬の出張訓練 エルフドッグスクール 「パピートレーニングで一生楽しく♪」




犬の一生は約15年。
はっきり言って、アッと言う間です!

このたった15年の短いお付き合いを、楽しく幸せに過ごすか、問題行動と共に悪戦苦闘するか・・・(個人的にはそれも悪くない気もしますが(笑))

このブログ内でも、パピートレーニングの必要性と簡単さ・楽さは幾度となく書いてきました。

だって、ホントに簡単で楽なんだもの♪♪♪

それでいて、その後の犬の一生が、みなさんと過ごす短い時間が、幸せに楽しく問題なく過ごせるのであれば、賢い選択だと思いますよ♪

当所でも、パピートレーニングは超超おすすめです♪ヽ(´▽`)/

愛犬の問題行動 本気でしつけ直したいなら東京練馬のトレーナー エルフドッグスクール 『本日も出張訓練目一杯(;´д`)』

愛犬の問題行動 本気でしつけ直したいなら東京練馬のトレーナー エルフドッグスクール 『本日も出張訓練目一杯(;´д`)』
愛犬の問題行動 本気でしつけ直したいなら東京練馬のトレーナー エルフドッグスクール 『本日も出張訓練目一杯(;´д`)』
愛犬の問題行動 本気でしつけ直したいなら東京練馬のトレーナー エルフドッグスクール 『本日も出張訓練目一杯(;´д`)』

連日猛暑が続いて、早くも体がしんどいよサインを出してきていますが、お陰さまで本日も目一杯出張トレーニングが入っております。

この暑さですから、日中は室内トレーニングのみとさせていただいております。

逆に、日中なら多少遠方でもお伺いできますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

写真は昨日のものです。

朝の5時半から始まり、日中はお台場でトレーナー育成指導。その後も日が暮れるまで出張トレーニングでした。

夕焼けが綺麗でしたね♪

愛犬のしつけ 本気で治したいなら東京練馬のエルフドッグスクール 『本日はプロトレーナーの育成』

愛犬のしつけ 本気で治したいなら東京練馬のエルフドッグスクール  『本日はプロトレーナーの育成』




本日は、ペットショップジョーカー お台場ヴィーナスフォートにて、トレーナー育成。

今までの育成と違って、ヴィーナスでは、本格的なプロに育て上げます。

まー、一言でいうと、僕の弟子です(笑)

ちなみに写真のホットドッグは、ヴィーナスで美味しいものイベントやってたので試しに食べたものですが、店員は覇気がなく、上にかかったビーンズソースはぬるかったです( TДT)
2度と買いません(笑)

愛犬のしつけ 本気で治したいならエルフドッグスクール 東京練馬 『何年もしつけ教室に通ってるのに治らないって・・・そりゃそーだ』

愛犬のしつけ 本気で治したいならエルフドッグスクール 東京練馬 『何年もしつけ教室に通ってるのに治らないって・・・そりゃそーだ』

「しつけ教室に通って3年。よくなってきてるけどまだまだね♪」
って、
じゃあいつになったら治るんだろう???

そもそも犬のしつけトレーニングは、個々の性格によって教え方も全部変わるんだから、「さぁみんなで一緒に頑張りましょう♪」ってのは難しいです。(グループレッスンの方が成果が出るしつけもあります)
よっぽど講師のトレーナーが、一頭一頭マメに、最大限個別で見ていければ別ですが・・・


いいしつけ教室を見極めるポイントは、

・講師がマメに動いている
・しつけについての一般論を講じるのではなく、パーソナルな指導をしてくれる
・受講毎に改善への手応えを感じる

上記のポイントが抜けてるなら、いいしつけの本を3冊読んだ方がずっといいですよ。

東京出張トレーニングのエルフドッグスクール 「噛みつき犬 危険犬をトレーニングすると余計に悪くなる理由」

東京出張トレーニングのエルフドッグスクール 「噛みつき犬 危険犬をトレーニングすると余計に悪くなる理由」
東京出張トレーニングのエルフドッグスクール 「噛みつき犬 危険犬をトレーニングすると余計に悪くなる理由」

写真の子は、こちらの飼い主さんを幾度となく病院送りにした生粋の噛みつき犬です。
この写真から想像できますか?

この子のトレーニングをはじめて2ヶ月経ちませんが、ブラッシングなどで必要以上にしつこくしない限りは、嫌な顔さえしません。
嫌な顔をしないので、この子を怒る必要もありません。

正直、噛みつき犬の90%以上は、罰するトレーニングを必要としません。

そして、罰することで余計に噛みつきが悪化することはよくあるケースです。

それはなぜか・・・

罰するということは、相手の本意ではないが反抗できない状況に追い込むということです。

つまり、もともと改善のための策ではないのです。

「トレーナーの言うことはきくけど飼い主の言うことはきかない」犬にしてしまい、罰によって抑圧された感情は増幅され、感情を抑える必要のない相手、つまり飼い主さんに、より強い攻撃となって返ってくるのです。

これが、罰するトレーニングによって、犬が余計に噛みつくようになってしまうメカニズムです。

大切なのは、犬自身が自発的に噛むことをやめる=堪忍袋を大きくしてあげることであり、それはそれは、並々ならぬ経験と技術と包容力が必要とされます。

噛みつき犬のトレーニングをプロに依頼する時は、そのことをしっかりと理解できてるトレーナーを選びましょう。

ページ上部へ