ホーム>スタッフブログ>『愛犬の連れ去り事件から見る、加害者は誰か?被害者は誰か?』愛犬のしつけ問題で困ったらまず相談♪ 東京で出張トレーニングなら安心のエルフドッグスクール 練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市
スタッフブログ

『愛犬の連れ去り事件から見る、加害者は誰か?被害者は誰か?』愛犬のしつけ問題で困ったらまず相談♪ 東京で出張トレーニングなら安心のエルフドッグスクール 練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市






Facebookで今朝がたこんな投稿を見ました。

「先日いなくなった愛犬が、無事帰ってきました(涙)」

愛犬がいなくなった経緯はこうです。

コンビニで買い物をするために愛犬を店外に繋いでいたが、買い物を終えて店を出ると、すでに愛犬の姿はなかった。
誰かに連れ去られたようだ。

と、こんな感じらしく、愛犬を失って胸が張り裂けそうだったとのこと。

心中お察しします。

・・・が、
決してこの飼い主が被害者だとは思いません。
ある意味この飼い主も加害者であると私は考えます。

あなたは、財布の入ったヴィトンのバックを、コンビニの外に放置しますか?
しないですよね?
なぜですか?

そして、なぜ犬なら放置できるのですか?

何も変わりませんね。

ハッキリ言って、この飼い主が面倒臭がらず、散歩から帰ってからもぉ一度買い物に出ればよかっただけです。

それをしなかったのだからこの飼い主の責任の放棄は責められても慰められるものではありません。

被害者は、犬だけです!
犬以外全員加害者です!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/770

ページ上部へ