ホーム>スタッフブログ>愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【引っ張りっこをすると犬が凶暴化するというのは本当ですか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷
スタッフブログ

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【引っ張りっこをすると犬が凶暴化するというのは本当ですか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【引っ張りっこをすると犬が凶暴化するというのは本当ですか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




ロープやタオルなどで犬と引っ張りっこをすると、犬が凶暴化するというのは本当でしょうか?

子犬が生後3ヶ月程度になってくると、引っ張りっこをするちからも強くなり、ウーウー唸りながら首を振るようになります。
一見すると攻撃的で、このままだと凶暴な犬になってしまうのではないかと不安になることがあると思います。
ネットや本、ペットshopの従業員さんでも、凶暴化するから引っ張りっこはしないほうがいいと説明する場合があります。残念なことに、プロのトレーナーでもそう説明する人がいます。

いったい何を勉強し何を見てきたのか、何を経験してきたのか・・・

物をくわえて引っ張ることは犬の充たさなければならない欲求であり、これが充たされないと、充たされない感情は他の行動へ転嫁します。例えば、吠える、食糞、自傷行為などです。
充たされない感情は、次に充たされるチャンスが来たときにはすでに溢れているので、引っ張り噛みはより激しいものになります。
これを見て、凶暴化したととらえる人も多いのですが、全く逆の理解です。
足らないから強まるんです。
充たされない欲求は強まります。充たされた欲求は弱まります。
つまり、充たされるまで引っ張りっこをしてもらえた犬は、引っ張る欲求が弱まります。
欲求が充たされた犬は、精神的にも落ち着きが出てきます。

最近ではノーズワークがはやっていますが、あれも犬が持っている欲求の充たしです。

睡眠や食欲などの生理的欲求とは別の、行動的欲求とでも言いましょうか。

何にせよ、引っ張りっこをして犬が凶暴化するなんてことはありません。
あるとするなら、それは引っ張りっこではなく別の原因です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/930

ページ上部へ