ホーム>スタッフブログ>愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬に触るトレーナー、触らないトレーナー】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷 しつけ トレーニング
スタッフブログ

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬に触るトレーナー、触らないトレーナー】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷 しつけ トレーニング

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬に触るトレーナー、触らないトレーナー】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷 しつけ トレーニング



昨日の日経新聞に、予備校講師もAIに変わるという記事があった。

ドッグトレーニングの世界では、5年程度の内に半分はAIに変わるのではないかと思っている。
昨今の動物行動学ブームがドッグトレーニングのAI化を加速させるはずだ。

なざなら、行動学はドッグトレーニングの基本だが、誰でも学べるし、理解すれば一生ものの知識だ。
それに、行動学は将来多少の変更はあったとしで、すでにほぼ不変だと考えられる。

実際、依頼犬に触れずに、飼い方接し方だけを指導するトレーナーはものすごい増えた。

上記のトレーナーは知識はあるが、知識はいつでもAIにとって代わられる。

常々言ってきているように、プロトレーナーに必要なのは、知識と経験とセンスだ。
今後は、知識だけのトレーナーはAIに代わられる。

依頼主はすでに、愛犬に触れないトレーナーに疑問を持っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/967

ページ上部へ