ホーム>スタッフブログ>応用行動分析学の理解は、ボストンバッグに荷物を詰める作業【 犬 しつけ 問題行動 トレーニング ならエルフドッグスクール】東京 練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷
スタッフブログ

応用行動分析学の理解は、ボストンバッグに荷物を詰める作業【 犬 しつけ 問題行動 トレーニング ならエルフドッグスクール】東京 練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

応用行動分析学の理解は、ボストンバッグに荷物を詰める作業【 犬 しつけ 問題行動 トレーニング ならエルフドッグスクール】東京 練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷





犬の応用行動分析学を理解するということは、ボストンバッグに荷物を詰め込むようなもんだ。
理解ができていないと、ただ乱雑に無理やり荷物をギュウギュウ詰め込んで、「何で入らないんだよ!」ってイライラしながら衣類を痛めたり、やっとの思いでバッグを閉じても、コントみたいにボヨヨーンて弾けちゃう。

ボストンバッグの容量、内ポケットの数と大きさ、旅行の日数、観光場所、旅行先の気温、などなど理解していれば、何をどの順番でしまえば効率がいいか、一番楽か、負担なく持ち運べるかが見えてくる。

バッグも荷物も痛めずに、イライラすることなく、旅行先でもスムーズにコトが運んで、ステキな旅行を楽しむことができるんだよ♪

https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2
【まったく感動しない犬塾】では、難解な行動学を超わかりやすく説明しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/991

ページ上部へ