ホーム>スタッフブログ>科学的根拠も、説明のしかたで印象は変わる。犬の生態についてもしかり。
スタッフブログ

科学的根拠も、説明のしかたで印象は変わる。犬の生態についてもしかり。

科学的根拠も、説明のしかたで印象は変わる。犬の生態についてもしかり。
科学的根拠も、説明のしかたで印象は変わる。犬の生態についてもしかり。




コロナウイルスの感染者数が毎日驚くほど多いですけど、その数を知ることは無意味ではないけど、あまり重要では無いんですよね。
重症者がどれだけいて、どれだけの方が亡くなっているのかの方が重要ではないですか?

1枚目の写真は、PCR検査数の今と5月での数です。(東京)
検査数自体の数が圧倒的に違うので、陽性者数が増えるのは当たり前です。

2枚目の写真は、重症者数の今と5月です。(東京)
5月では100人近く重症者がいるのに、今は20名で1/5です。

でも気になるのは、最近で検査数がピークを迎えて、今は少し数は減ったのに、感染者数・重症者数共に減っていないことです。

つまり、検査数における感染者・重症者の割合が増えてきているかもしれないということです。
これは怖いです。

データは、科学的根拠のもと、正確に掴まなければなりません。

それは、犬の生態についても同様です。

ページ上部へ