ホーム>スタッフブログ>犬の心を無視した高圧的なトレーニングが、まさか近所で行われていたというショック 練馬区 ドッグトレーニング
スタッフブログ

犬の心を無視した高圧的なトレーニングが、まさか近所で行われていたというショック 練馬区 ドッグトレーニング

犬の心を無視した高圧的なトレーニングが、まさか近所で行われていたというショック 練馬区 ドッグトレーニング

昨日友人から、「練馬区立野公園でドッグトレーナーらしき人が『このバカ犬』と言いながら殴っている動画を見つけてしまったのだけど、こんな場合はどこに知らせればいいの?」との連絡を受けました。

動画の出所を聞いて確認したところ、確かに立ち振舞いがプロっぽい。
ノーリードで3頭を従わせ、怒声を浴びせて暴行を加え、何か硬そうなものを犬に投げつけていた。

夜中に相談を受けたのですが、心臓がドキドキと高鳴るのがわかりました。

犬の心を尊重せず、自分の感情のコントロールができず、思い通りにならない苛立ちを犬にぶつける様は、もはやトレーニングではありません。ただのパワハラ。虐待とまで言ってもいい状態でした。

警察や愛護団体等には連絡済みとのことで、私が何かできることは無い旨を友人に伝えましたが、正直驚きました。

先日も、他所のトレーニング施設で、1日のほとんどをクレートの中で過ごさせるという、犬の行動・性質・欲求・本能を無視した、時代錯誤なトレーニングを推し進めるトレーナーの存在を知ったばかりでしたので、正直愕然としています。

お願いですから、そういう人達に依頼するのはやめてください。
トレーニングを依頼する際は、複数のトレーナーにメールや電話で問い合わせをして、トレーニング方針を確認して、慎重に選んでください。

人に優しく犬に厳しいドッグトレーナーはオススメしません。
同じく、犬に優しく人に厳しいドッグトレーナーもオススメしません。

どちらも支配的で感情の抑制がきかないからです。

犬にも人にも優しいトレーナーでありたいと自戒しています。

ページ上部へ