ホーム>スタッフブログ>愛犬のしつけ何が正しい?ネットに溢れる情報過多から真実を見つけるには
スタッフブログ

愛犬のしつけ何が正しい?ネットに溢れる情報過多から真実を見つけるには

愛犬のしつけ何が正しい?ネットに溢れる情報過多から真実を見つけるには

体罰は有り?無し?
叱る必要は有り?無し?
正しい散歩はノーリード?オンリード?
犬をリードで引いてはいけない?守るためには引く必要がある?
無視はトレーニング?虐待?
行動学で全て語れる?語れない?

そもそもしつけは必要?不要?

愛犬のしつけ・トレーニング・教育・共生等をする際、ネットや本から得られる情報の量はとんでもなく多くなりました。
これはとても便利で良いことですが、
反面、自分の倫理観や先入観、正義や人生観から、自分に都合のいい情報だけを無意識に選んで、それを正しいとインプットしてしまう【確証バイアス】という危険性が潜んでもいます。

情報は、フェイクニュースに騙されてはいけないけど、本質的にはgoodもbadも無いはずです。
それなのに、自分の価値観に合う情報だけを選択して、都合のよい正解を作り上げてしまう危険性があるんです。

もしも、普遍に近いものがあるとするなら、最も近いのは数とエビデンスデータです。
例えば、1+1=2は今のところ普遍ですね?
誰がどのような価値観を持っていても、これは普遍です。

実験や観察によるデータも、かなり高い普遍性があります。

感情論や倫理観による共感に左右されることなく、普遍的な知識を土台にして、そこにあなたの価値観を当てはめていく。
それが愛犬と接する上で重要であると考えています。

自分にバイアスをかけて、成長を妨げる必要はありません。

当所では、犬のための動物行動学と行動分析学を合わせた、応用行動分析学の授業
【まったく感動しない犬塾】
を開講しています。

https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2

まったく感動しない犬塾は、トレーニング方法の講義ではありません。犬という命と、粛々と理論的に向き合っていきます。
ここで学んだ事にご自身のモラルを入れ込んで、自己流のトレーニング方法を作るのはあなた自身です。

ページ上部へ