ホーム>スタッフブログ>犬の #自傷行為 #異常行動 #常同行動 ストレス性や脳障害の可能性があります。ためらわずすぐにご相談ください。【愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー】エルフドッグスクール
スタッフブログ

犬の #自傷行為 #異常行動 #常同行動 ストレス性や脳障害の可能性があります。ためらわずすぐにご相談ください。【愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー】エルフドッグスクール

犬の #自傷行為 #異常行動 #常同行動 ストレス性や脳障害の可能性があります。ためらわずすぐにご相談ください。【愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー】エルフドッグスクール




自分のしっぽを自分で傷つけてしまう #自傷行為
血が出で骨が見えるまで噛みちぎってしまう。
そんな犬を24年の間に数頭見てきました。

#柴 #ゴールデン #グレートデーン #ボルゾイ

そして昨日、兵庫からのお問い合わせも、そんな #紀州犬 でした。

自傷行為を引き起こす主な原因のひとつは過度なストレスです。
ゴールデン、グレートデーン、ボルゾイは明らかに狭いゲージに入りっぱなしだったし、柴は孤独と欲求不満からくる尻尾噛みでした。

でも、今日の紀州犬さんは電話カウンセリングしても明確な原因がわからず、ZOOMでのオンラインカウンセリングに切り替えたら、顔には血しぶきが飛び、尻尾からポタポタと血が床にしたたる苦しそうな姿の犬が映し出されました。
視点が定まらず不安な表情で、頭がわずかに傾き、ストレスよりは脳の機能障害ではないかな?と考えました。
不安、恐怖、パニックなどで、その子に触れると噛みつきにきてしまうとのことで誰も触れない。病院につれていきたくてもどうしたものか。飼い主さんは何とかしてあげたくて藁にもすがる思いで私にご相談くださったのでしょう。
そんな可哀想な画面を見ながら、可哀想ですぐにでも駆けつけたい気持ちと、東京〜兵庫という現実との狭間で悔しい思いをしました。

往診の #獣医 さんと、すぐに来てくれそうな #ドッグトレーナー を探してもらいましたが、

私はただただ無力・・・

そのことが頭から離れず、昨夜も眠れずにいました。

それでも、ご相談いただけたからこそ助けてあげられた子もたくさんいます。

まずは相談してください。遠方でもちゃんと真剣に話聞きますから。

#Tタッチ #フラワーレメディ #アニマルコミュニケーション #大学病院 #手術 や #薬剤投与 #サプリメント #腸内環境改善 etc
トレーニング以外でも何か解決策があるはずです。皆さんが思いつかなくても、私なら思いつく、気づくことがあるかもしれない。

写真は当該犬ではなく、自傷行為の柴犬さんです。
こちらは現在、回復して普通に過ごしています。

ページ上部へ