ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

日本全国どこからでも相談可能。相談すれば違いがわかるはずです。

日本全国どこからでも相談可能。相談すれば違いがわかるはずです。

エルフドッグスクールでは、コロナ以前からオンライン相談を始めており、繰り返し試行錯誤を重ねた結果、非常にわかりやすい説明とトレーニングスケジュールを組むことが可能になりました。

オンラインとオフラインでの大きな違いは、

・ワンコに触れることができないので、実際のトレーニングのやり方を飼い主さんにお見せできないこと。

実際にお見せできない分、よりわかりやすく具体的な口頭説明が必要で、専門用語などを使わずに、お子さんでもわかるように説明する必要がありました。

・こちらの言いたいことと飼い主さんの理解の合致しているか。

オンラインでは口頭説明が重要であるわけですが、実際にやってみると、こちらが伝えたいことと飼い主さんの受け取りかたに違いがある場合は多々ありました。
なので、重複してでも何度も確認すること。そして、例題をいくつも出して説明すること。飼い主さんの表情を見て、府に落ちているかそうでないかを見極めることが本当に大切で、これができないと、飼い主さんはなんとなくわかった気になって実際はわかっていないという事がおこります。

・飼い主さんの言い分と犬の気持ちが違う

愛犬の問題行動について詳しくヒアリングするのですが、その時でも飼い主が感じている問題と、愛犬が抱えている問題に違いがある場合があります。
これに関しては、現場経験がものを言います。実際にお見せできないこと今まで何百頭とトレーニングをしてきた経験から、その差異に気づき、伴ったトレーニングスケジュールを組まなければ結果は出ません。

今までオンライン相談をしたけど結果が出なかったと言う人は、大抵この上記に当てはまっているはずです。

ですが、エルフドッグスクールではそれらを改善した上でのオンライン相談ができますので、まずは1度ご相談いただければと思います。

【お問い合わせ】
09098460815
elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

ナショナルジオグラフィック 別冊 新刊『犬の能力』早速読了

ナショナルジオグラフィック 別冊 新刊『犬の能力』早速読了

ナショジオ別冊最新
『犬の能力』

早速、まったく感動しない犬塾のテキストをアップデートしました。

これを読んでも、
・犬に人間の幻想を押しつけないこと
・犬としての生態や感覚や認知の仕方を知り彼らの生を尊重すること
という風潮は確実に広がってきていますね。

それでも、勉強する人はするし、しない人はしない。

当所は情報を常にアップデートし、エビデンスのある確かな知識と経験で、皆様の愛犬さんをサポートします。

破れたジーンズで犬用ひっぱりロープ

破れたジーンズで犬用ひっぱりロープ

仕事柄、ジーンズをよく履きます。

ワンコさんに飛びつかれたりジャレつかれたりして、結構早くダメになります。

ダメになったジーンズは、捨てずに切って編んでワン様用ひっぱりロープに変身!

丈夫だし手になじむので、使い勝手のいい遊び道具になりますよ。

引っ張りっこをすると犬が凶暴になるという人がたまにいますが、なりません!断言します。
仮に凶暴になったのなら、それは引っ張りっこのせいではなく、他の要因です。断言します。

満足いくまで引っ張りっこをしないと、他の問題行動に転嫁します。

断言します!

噛みつきばかりが問題じゃない。情報の受け取り側も確かな知識を

噛みつきばかりが問題じゃない。情報の受け取り側も確かな知識を

ドッグトレーナーや行動診療獣医が取り上げる犬の問題行動って、9割が噛みつきだけど、実際は噛みつき以外の問題の方が9割なんですよね。

まぁ、噛みつき犬ってインパクトがあるし説明もしやすいから、ブログとかのネタにはもってこいなのわかります。

吠えやトイレトレーニングなどは、様々な要因が絡み合ってるから、パーソナルで画一的な説明ができない。(あれ?噛みつきも同じかww)

情報の受けて側の知識が、これからの時代はもっともっと必要になっていきますね。

愛犬を理解してあげられるか、理解してあげられている気になっているだけかでは、犬の一生はかなり違うものになりますからね。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
エルフドッグスクールの
【まったく感動しない犬塾】
https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2

犬にとって撫でられることは快?不快?

犬にとって撫でられることは快?不快?

よく動画に出てくる噛みつき柴さを
自らゴロ~ンするようなりました❤️

https://t.co/7TQe0Vxus4

【快行動】としてのゴロンが強化されると、撫でられることの受け入れが増えるので、噛みつき行動は減ります‼️

今回のトレーニングではオヤツは使っていません。
好子としてのオヤツと嫌子としての撫でられることが高水準で均衡しているので、オヤツを提示すると攻撃的になることがあります。
なので、好子は撫でられること・誉められることです。
そもそも犬にとって撫でられることは好子です。
不快を伴う撫でられ方を経験してきたので、嫌子となってしまったので、それを好子に戻す作業ですね。

これ、ゴロンを強制訓練で教えると、噛みつき行動は減りません。
強制は不快回避行動なので、ゴロンが快行動にならないからです

他所で直らなかったら当所に任せてみませんか?他所割引あります

2020年から【他所割り引き】始めました。

他所でトレーニングしてみたものの、イマイチ結果が出なかった、かえって悪くなった、依頼した意味がなかったetc・・・

そんな方は、当所料金から他所でかかった総額の10%分を割り引きいたします。(最大5万円・コースによって割引率は変わります)

諦めず再チャレンジのきっかけになってもらえれば幸いです。

※領収書や通帳記帳など、支払った金額の証明をお願いいたします。
※交通費は別途必要です。

まったく感動しない犬塾のFacebook無料配信の3回目やります。ぜひご覧下さい

まったく感動しない犬塾のFacebook無料配信の3回目やります。ぜひご覧下さい

【6週連続無料配信3回目】
明日(日)13:00〜15:00
まったく感動しない犬塾の、Facebook無料配信の3回目やります。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2293438487468416&id=100004068610098


内容は『古典的条件付け』です。

インターホンが鳴ると吠える、ご飯の準備が始まると吠える、等々の問題があるワンコさんは絶対見ましょう。

先週までの配信内容が、「良かった。聞く必要がある。」と思ってくださった方々は、ぜひシェアよろしくお願いいたします。

無料なんだから、まず5分でもいいので覗いてください。

あくびは動物にもうつる?カーミングシグナルかぶれが

あくびは動物にもうつる?カーミングシグナルかぶれが

【あくびは動物にもうつる?】 https://t.co/yIjT2mvXfT

まだまだ研究段階ですが、あくびは人から犬にもうつるそうですよ。

カーミングシグナルをかじったくらいで知ったつもりになっている人は、すぐに【あくび=緊張】ととりますが、そうじゃない時だってたくさんあります。

あくびだけでなく、他のカーミングシグナルやトレーニング方法などでも、自分の知識が邪魔になって愛犬の本質的な信号に気づけなくなっているとしたら、それはとてももったいないことです!

思い込みに囚われないようにね!

知識はパブリックだけど技術はプライベートでパーソナルなもの

知識はパブリックだけど技術はプライベートでパーソナルなもの



寿司でも蕎麦でもドッグトレーニングでも。握り方、打ち方、トレーニングの仕方ってパブリック。
それなのに、できない人はたくさんいるし、逆に完成しても完成形は様々。
そもそも、それは完成では無いのかもしれない。

そー考えると、僕らの仕事って、本当に曖昧だなぁって思うし、だからこそ、慢心せずに永遠の探求者でなければならないと思う。

ドッグトレーニングって、何千年も前からあるのに、未だに新しいトレーニング法?みたいなものが提唱されますよね?
『私のやり方が本物です』って方がおこがましい気もするけど、飼い主さんには魅力的な言葉に聞こえるみたい。

町工場の金属加工業の職人さんで、0.1mmの違いを触ってわかるような、僕もそーゆー職人さんになりたいなぁって思う。

犬の行動を【方法】ありきで改善しようとするから失敗する

犬の行動を【方法】ありきで改善しようとするから失敗する



応用行動分析学をマスターすれば、通常の愛犬のしつけは100%対応可能になります。

一言に問題行動と言っても、その原因は様々
例えば
【散歩中の引っ張り問題】
〜運動不足の場合〜
必要な運動量の確保、代わりに犬が満たすべき運動以外の欲求を満たす(犬行動学)

〜臭いかぎの場合〜
正の強化による飼い主へのアテンション強化(行動分析学)+臭いかぎ(犬行動学)の飽和化による行動の消去(行動分析学)

〜怖くて逃げたい〜
系統的脱感作による恐怖の克服(行動分析学)

【吠え】
〜警戒・恐怖〜
系統的脱感作による恐怖の克服(行動分析学)

〜インターホンや食事の用意〜
無条件刺激を見つけ古典的条件付け消去の作業により克服(行動分析学)

〜縄張り吠え(犬行動学)〜

〜他の犬への吠え〜
バリアフラストレーションの排除(犬の特殊な問題行動)
再社会化(犬行動学・カーミングシグナル)

【幼少期の甘噛み】
甘噛みの理解(犬行動学)
欲求の満たしと噛み分け(応用行動分析学)

※例外として異常行動による問題がある

クリッカートレーニング・ハズバンダリートレーニング・懲罰トレーニングetc
全てのトレーニング法は倫理であり、応用行動分析学は不変の理論です。

トレーニングをラーメンで例えると、応用行動分析学は麺です。麺が無ければラーメンは成立しません。なので、応用行動分析学の理解は必須なんです。
スープはトレーニング法です。味噌なのか醤油なのか豚骨なのか。消去法(直接罰)なのか対立行動法なのかシェイピング法なのか認知トレーニングなのかetc、選ぶのはトレーナーの倫理なわけです。

応用行動分析学は、特定のトレーニング法ではない分、知識を共用でき、どの犬に対しても用いることができるツールなのです。

ページ上部へ