ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

吠えなかったらオヤツをあげるは無意味?【無駄吠えのトリセツ】エルフドッグスクール

吠えなかったらオヤツをあげるは無意味?【無駄吠えのトリセツ】エルフドッグスクール


【無駄吠えのトリセツ】

インターホンが鳴ると吠えてしまうという行動を直すとき、何度も鳴らして吠えなかったら報酬を与えるという方法をとる方が多いですが、この方法は実は無意味です。
一見、吠えない行動に報酬を与えて強化する『正の強化』に見えますが、そもそも【吠えない】は行動ではなく状態なので強化も弱化もされません。
※【我慢】は行動なので強化できます。

結論からいうと、無駄吠えを直したい場合は
・動機を無くす
・対立行動を強化する
・吠える行動を弱化する
・報酬を取り除く
のいずれかになります。

・動機を無くす
インターホンで吠える行動を誘発している動機は99,999%来客です。インターホンの音+来客の古典的条件付けがなされた結果です。
来客が嫌で吠えるのか、嬉しくて吠えるのかによってまた対処方法は変わります。
嫌で吠える場合は、ほとんどの理由は家族以外の人間への警戒です。縄張り意識でも社会性の無さでも同じです。なので、来客におやつを与えてもらうなどして警戒心をといていくことが効果的です。他人を排除する動機を無くすわけです。
社会化の再構築も動機を無くす手段になり得ます。
クレートを安心な場所にして排除の動機を無くす方法もありますが、実際は24時間入れ続けるわけではないので、あまり現実的ではないかもしれません。
嬉しくて吠える場合は、遊びが足りていない欲求不満が動機になっていることが多々あります。その場合は必要な運動と遊びを満たすことで吠える動機が無くなります。

・対立行動を強化する
インターホン+来客で古典的条件付けがなされているので、インターホン+呼び戻しや、インターホン+ハウス、インターホン+物を咥えるなどの古典的条件付けを上書きすれば、それが対立行動になります。
我慢も対立行動です。

・吠える行動を弱化する
これは、吠えたら直接罰を与えて、吠える行動を弱化する方法です。
吠えたら電気、吠えたら大きな音でビックリさせる、吠えたら天罰などがこれになります。
最近ではこういう方法をとる人は少ないですね。

・報酬を取り除く
インターホン+来客の古典的条件付けで、動機が来客に嬉しくて吠える場合は、吠えたら一旦来客に外に出てもらいましょう。来客が好子なので、そのまま構ってもらうと吠えの行動は強化されます。正の強化ですね。なので、吠えたら好子が消失するという『負の弱化』のプロセスをたどります。ただし、強化・弱化には2つの側面があり、この場合吠えなかったら報酬を与える条件付けを同時に行う必要があります。

よくある間違いが、吠えている間は無視しましょうです。
無視というのは行動に報酬を与えないという手段ですが、そもそも吠えるという行動が犬にとっては報酬系行動なので、吠えた時点でその行動は強化・維持されます。
それと、練習中にインターホンを何度も鳴らすと、音に慣れて反応しなくなりますが、これは行動の消去ではなく馴化といって、インターホンの音を何度も聞かせて来客との古典的条件付けを無くすことを目的としています。ですが、来客は必ずインターホンを鳴らすので、この方法もかなり非現実的です。

【最後に】
これらの対処法のいずれも、理論の理解無しに行っている人は少なくないはず。
ですが、理論の理解無く、方法先行で行うと、犬の行動の動機の追及に至らず、犬に方法を押し付ける結果となります。
それは、犬に優しいのでしょうか?
逆に、理論を知れば吠えを強化している因子が明確に見えてきます。
因子がわかれば、どんな行動でも改善可能です。
そして、見出だした解決法の中から、一番犬に負担のない方法を選べばいいのです。

本当に愛犬を思い、理解したいと思っているのなら、理論を学ばないという選択肢はあり得ません。

【お問い合わせ】
TEL: 09098460815
mail: elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

LINE ID: elfdogschool

犬のための応用行動分析学【まったく感動しない犬塾】受講生の声をいただきました。急増するコロナ禍にあっても、オンラインで安心して受講できます。

犬のための応用行動分析学【まったく感動しない犬塾】受講生の声をいただきました。急増するコロナ禍にあっても、オンラインで安心して受講できます。
 





修了生からの声をいただきました

【都内のコロナ感染者数224人て!!】それでも安心してご利用いただけるエルフドッグスクールです。なぜなら、コロナの前からオンライン化してたから。急場仕様ではありません。

【都内のコロナ感染者数224人て!!】それでも安心してご利用いただけるエルフドッグスクールです。なぜなら、コロナの前からオンライン化してたから。急場仕様ではありません。



ひゃあ!都内の1日のコロナ感染者が224人で過去最多!!
重傷者数と死亡者数がまだ増加傾向でないのが救いですが・・・
これからどうなることやら。

当所みたいな出張専門のトレーニングは、飼い主さんと距離が近いし、カウンセリングやトレーニングの説明などで会話は必須。
常時マスク着用していますが、ご依頼者さんは不安はあると思います。

withコロナ時代は、【ドッグトレーナーに頼らない時代】の幕開けではないでしょうか?
もう、愛犬のしつけをプロに依頼するのではなく、ご自身で適切な知識で愛犬とのベストを見つける。そんな時代が来たのだと思います。

当所は早くからオンラインを取り入れておりますので、すでにオンラインカウンセリングが可能です。
飼い主さんのための、犬の行動学の塾も開催しています。
テキストもありますから、飼い主さんに理論的にわかりやすくご説明ができます。

コロナ不安の渦中でも、エルフドッグスクールは安全にご利用いただけます。

TEL: 09098460815
mail: elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

LINE ID: elfdogschool

【行動分析学 いいこと】でググったら、ホントにいいことばっかり出てきた

【行動分析学 いいこと】でググったら、ホントにいいことばっかり出てきた





【行動分析学 いいこと】でググったら、ホントにいいことばっかり出てきたので紹介します。

↓↓↓↓↓
・行動分析学で社員のやる気を引き出す

・恋愛から不登校まで実践的すぎる行動分析学であの人の行動を変える術を学ぶ

・経験や勘とおさらば。行動分析学が解き明かすあたらしいリーダー像とは

・困った行動は変えられる。私たちの行動には法則がある(原則60秒以内。の記事内)

・行動分析学を土台にして教育心理もできるし、発達心理も、社会心理も、産業心理も、いろいろできるんだよ。(サルでもわかる行動分析学の記事内)

↑↑↑↑↑
まだまだ利点はあるだろうけど、ちょっと調べただけでもこれだけ出てくる。

だもん、愛犬の行動も全て分析できるってわけ。
それを、超わかりやすいテキストにしちゃったのが、当所の【まったく感動しない犬塾】
https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2

これからの時代、行動分析学の習得は必須。特にプロなら知らなきゃお話にならない。

理解したいなら、徹底的にお教えしますよ!

TEL 09098460815
メール:elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

LINE ID: elfdogschool

【隣人から苦情がきてしまったので直してほしい】多感の原因は何なのか?探って探って探って探る!人も責めない犬も責めない。そんなトレーナーに私はなりたい

【隣人から苦情がきてしまったので直してほしい】多感の原因は何なのか?探って探って探って探る!人も責めない犬も責めない。そんなトレーナーに私はなりたい






「物音や気配に敏感に吠えてしまい、隣人から苦情がきてしまったので直したい。」

そんな依頼で今週からトレーニングを開始したワンコ。

まさに今、トレーニング中に隣人がクレームつけにきた

【犬の幸福感を高める運動】『スタンフォード式人生を変える運動の科学』を読んで、犬の幸福感について考えてみた

【犬の幸福感を高める運動】『スタンフォード式人生を変える運動の科学』を読んで、犬の幸福感について考えてみた








運動と犬の幸福感

当所の犬塾を受講されると何度も耳にするワードが『4つの欲求』。

犬種年齢を問わず、犬が満たしたいと思う欲求は4つあり、そに1つに【適切な運動】が挙げられます。※ここでいう欲求には、睡眠や食欲は除外しています。
運動の質や量に関しては、犬種や年齢、病気の有無などで違いがあるのでここでは論じませんが、負担がかかりすぎない程度の【適切な運動】が犬には必要なのです。

〜運動で「人生の満足度」が高まる〜
世界的に見ても、体をよく動かす人の方が、幸福感や人生に対する満足度が高いそうです。この様な結果は、年齢や社会的な地位、文化の違いに関わらず共通して見られます。

ただし、運動によって高揚感を得るためには、運動の継続が必要で、人間の場合はややきつい運動を20分以上、週3回✖6週間続ける必要があるとのこと。

ラットを使った実験では、ラット達を21日間(1回の時間不明)走らせたところ、恐怖反応やストレス反応をつかさどる脳幹と前頭前皮質に変化があらわれ、ラット達はより勇敢になり、ストレスの多い状況にもうまく対応できるようになったそうです。

人にもラットにも認められるのであれば、当然犬にも同様の効果があると考えられます。
日々のお散歩をただ歩くだけではなく、積極的に運動を取り入れることで、犬は今まで以上に幸福感を得ることができるようになるのではないでしょうか。

運動量に関しては、犬種や年齢などによって変わりますが、運動の種類には『自由運動』と『引き運動』の2種類あります。
自由運動・・・ノーリードで自発的に自由に走り回る、室内やドッグランでの運動
引き運動・・・リードに繋がれた状態での受動的な運動。散歩など。

引き運動は、人間によって運動のスピードも距離も時間も変わってしまうので、過剰な運動になってしまわないように、獣医さんやドッグトレーナーに相談することをオススメします。
時々「小型犬には運動は必要ない」というプロがいるので、その場合は注意が必要です。

ちなみに、グリーンエクササイズといわれるような、自然の中で運動を行うと、気分が明るくなり、楽観的になることがわかっているそうですよ

『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』当所のオンラインカウンセリングが優れている理由

『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』当所のオンラインカウンセリングが優れている理由






『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』
1日の感染者数が、ジワジワ上がってきましたね。まぁ、感染者が全てではありませんが。

それにしても、今後はコロナしかりインフルしかり・・・
withウイルスの生活様式へと変わっていくでしょう。

病院は別問題として、学校やライブハウスではクラスターが発生しましたね。キャバクラやホスト通いなどでの感染者も増えています。
逆に、危惧されていたパチンコ屋や通勤電車での爆発的な感染拡大は起こっていないようです。
そうなると、やはり会話等による【飛沫感染】が一番の感染リスクなのかなぁと当たりをつけても間違いはなさそうです。

当所のような出張トレーナーは、飼い主さんとの距離が近く、カウンセリングやトレーニングの説明などで必ず会話をしなければなりませんから、マスクはしているものの、当然ご依頼者さんに不安はあるでしょう。

withコロナの新時代は、【ドッグトレーナーに頼らない時代】の幕開けではないでしょうか?
もう、愛犬のしつけをプロに依頼するのではなく、ご自分が正しい知識を身につけて愛犬とのベストを見つける。そんな時代が来たのだと思います。

当所では早くからオンライン化をしたので、すでにオンラインカウンセリングが可能ですし、去年から行動学の塾も開催していますから、飼い主さんに理論的にわかりやすくご説明ができます。

新時代へ向けて準備万端です!

マコなり社長の言葉を借りて「こんなドッグトレーナーはヤバい」

マコなり社長の言葉を借りて「こんなドッグトレーナーはヤバい」






自分のブログで「こんなトレーナーはヤバい」って私が言っても、どうせ自分にとって都合のいいことしか言ってないだろ?って思われてもしかたありませんよね。
なので、先にこの動画を見てください。

https://youtu.be/LyW7tmd8npk
【一瞬でバレる】仕事ができない人の話し方TOP3

私が言ってるのではなく、マコなり社長さんが言っていることを、そのままドッグトレーニングの文言に変えてみました。

そしたらどんな内容になったのか。
↓↓↓↓↓
時代がwithコロナ時代になり、ドッグトレーニングのあり方も変わってきました。
オンラインでのしつけ相談も急激に普及しています。
同時に、オフラインとは、やり方も説明の仕方も変わって当然です。
その中で、こんな語りをするドッグトレーナーはちょっといただけないって例をいくつかご紹介します。

【事実ベースで語らない】
オンラインでもオフラインでも、ご質問を受けることは当然多くあります。
そんな時、自分では結論を答えているつもりでも、相手には伝わっていないことってあります。
そもそも相手が問合せ・質問をしてきたってことは何ででしょう?
そう。不安があるからですよね。

例えば、
Q トレーニング期間はどのくらいですか?
A 犬の能力性格によって違うので一概に言えません

これ、一見すると正論だし、聞かれた質問に明確に答えていますね。
でも、相手はトレーニング期間を聞くことによって、期間はもちろん、費用がどのくらいかかるのか、費用対効果はどのくらいなのかを知りたいわけです。
生き物相手なんだから、トレーニング期間が一概に言えないことは相手も当然わかっています。未保証だからこそ不安もあるわけです。

では、
「ワンちゃんの能力や性格の違いもあるので一概には言えません(事実)が、一般的には改善までの期間は年齢と同じだけかかると言われます(事実)。でも実際に当所では、そこまで長くかかる子はほぼ0です(事実)。それと、飼い主さんがどれだけトレーニングに前向きに協力してくれるかは、トレーニングをスムーズに進める上で重要です(事実)。当所では犬の応用行動分析学を取り入れることで理論的にトレーニングを進めています(事実)。可能な限り実践しやすい方法、わかりやすい説明ができるよう努力しますので、1日も早い改善を目指して頑張りましょう。」

これならどうですか?ずいぶん不安は解消されるのではありませんか?

ここで間違いやすいのが、事実ベースではなく『個人の解釈』で話をしてしまうことです。
「この子は優しそうだから、覚えは早いと思いますよ。」
一見相手が安心しそうな文言ですが、実は全く何にも答えていません。
「優しさ」や「幸せ」などは、人それぞれで解釈が違いますので、この手の単語の使い過ぎには注意が必要です。

【相手が理解できているかの確認をしない】
人って相手の話を聞くときに、途中に何か一つでもわからないことがあると、その後の話は頭に入ってこなくなってしまいます。ですから、聞き手がきちんと理解しているかどうかを、話手は小まめに確認する必要があります。
オンラインの場合、実際にやってお見せすることができない分、説明力の高さは必須になるし、それを相手が理解できているかどうかは、その後のトレーニングが円滑に進むかどうかの最大のポイントになります。
その際、「ここまでは理解できましたか?」と聞くと9割は「はい」と答え、「ここまでで質問はありますか?」と聞くと9割は「ありません」と答えます。
これを鵜呑みにして聞き手が理解できているんだと思ってしまうと危険です。
相手が理解したかどうかの確認をするために、こちらから質問を投げるといいです。「では、この場合はどうしたらいいと思いますか?」などの問いかけをこちらからすることで、相手がどのくらい自分の話を理解できているかがわかります。
その作業を行わないトレーナーにオンライン相談を依頼するなら、ご自分でしっかり理解できる必要がありますね。

【話が自分本位】
相手が何を知りたがってるかよりも、自分が何を話したいかが優先してしまってる。これはドッグトレーナーにはメチャクチャ多いです。
例えば「愛犬の◯◯の行動に困っています。」という相談をされた時、結構多くのトレーナーが「それの何が問題なんですか?その行動をされてなんで困るんですか?何のために犬を飼っているんですか?犬なんだから当然の行動です。」って返事することが多いです。こういうふうに言われた飼い主さん、言ったことのあるトレーナー、いるはずです。
これって、トレーナーが気持ちいいだけで、実は何の解決にもなっていませんよね?
犬の行動として当然であることを説明するのはいいのですが、改善が目的ではなく、相手を屈服させることが目的となってしまっています。

ただこの、相手を屈服させる話し方って、困ったことに一定の人には結構効果があるんですよね。
例えば、頑固親父が握る寿司屋で、食べ方や所作まで上から目線で語ってこられても、威圧的だからこそ説得力があって美味しく感じてしまう人がいますよね。あれと同じです。
この場合はしょうがないです。自分が共感しているので、どうしようもありません。そのトレーナーを信じて進みましょう。

↓↓↓
この様に、話を聞けば当然のことのようですが、実はドッグトレーナーに相談することってそんなに頻繁にあることじゃないから、なかなか比較することが難しいんですよね。
それに、自分の知らない知識を持っている相手に相談するのだから、言われたことを受け入れがちになってしまいますしね。

・事実ベースで語らない
・相手が理解できているのかの確認をしない
・話が自分本位
これらを今後、オフラインはもちろん、オンライン相談やオンライン講座を受講する際の判断材料にしてもらえれば幸いです。


お問い合わせ
電話 09098460815
mail elfdogschool@gmail.com
elfdogschool@i.softbank.jp
LINE ID : elfdogschool

行動分析学・鬼の夏期講習【怒濤の8時間集中】zoomによるオンライン授業で全国どこからでも受講可能

行動分析学・鬼の夏期講習【怒濤の8時間集中】zoomによるオンライン授業で全国どこからでも受講可能





プロ・セミプロ・意識高い飼い主様用
行動分析学・鬼の夏期講習
【怒濤の8時間集中】

8/10(月祝) or 8/13(木) ※両日内容は同じです
110分×4時限
1時限目 9:00〜10:50
2時限目 11:00〜12:50
3時限目 13:30〜15:20
4時限目 15:30〜17:20+10分

料金:¥33,000(消費税・テキスト代込み)

zoomによるオンライン授業ですので、全国どこからでも受けられます。※ネット環境が悪いと参加できない場合がありますのでご注意下さい。

ご参加表明されましたら、振込先とzoomのアカウントをお知らせいたします。
※テキストはお振込確認後にご郵送させていただきます。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
【まったく感動しない犬塾】のテキストから、さらに脂身を削ぎ落として削ぎ落として濃厚に煮詰め、1日で行動分析学の主要部分をコンプリートします。

withコロナ時代において、行動分析学はプロにとっても飼い主にとっても必須知識になります。なぜなら、オンライン化の普及で説明力の高さが求められ、今まで以上に理論的な説得力が求められるからです。

たった1日です❗たった1日だけ脳をパンク寸前まで追い込んで、今のうちに揺るぎない知識の骨格を形成しちゃいましょう‼️

〜授業内容〜
①行動の科学的な理解のしかた
②レスポンデント行動〜古典的条件付け〜
③オペラント行動
〜オペラント条件付けの基本4パターン・三項随伴性・消去の原理・弱化と消去の違い・阻止の随伴性・行動強化スケジュール〜

行動分析学は、トレーニング法ではありません。なので、皆さんのトレーニング理念はそのままに受講していただいて大丈夫です。

ハッキリ言って難しいです‼️難しいからみんなやりたがらないんです‼️
「興味はあるんですけどね」
「覚えなきゃとは思ってるんですけどね」
この言葉、今までに何度聞いてきたことか。

じゃあいつやるか?まさに今でしょ‼️

やるか?受けるか?
答えは二つに一つです‼️

やるからには、こちらも徹底的にサポートしますよ。

問い合わせ
電話 09098460815
mail elfdogschool@gmail.com
elfdogschool@i.softbank.jp
LINE ID : elfdogschool

【わかるまで教えます!犬の応用行動分析学講座】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン

【わかるまで教えます!犬の応用行動分析学講座】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン






【まったく感動しない犬塾 受講アンケート】

受講生からアンケートをいただきましたので、一部公開いたします。

Q:犬塾受講によって、応用行動分析学をどの程度理解できましたか?

A:お一人だけ20〜40%という方がいらっしゃいましたが、概ね60〜80%はご理解されています。
「自分に理解できるだろうか?」という心配はいりません。
予習復習などは必要ですが、どなたでもご理解いただけるよう、難しい単語も咀嚼してお伝えいたします。

Q:受講料はいくらが妥当だと思いますか?

A:平均して¥50,000〜¥62,000という金額でご支持いただけました。
ちなみに第3期は¥33,000ですので、相当割安に感じていただけるはずです。
以降、段階的に値上げしていきますので、安いうちの受講をオススメいたします。

第3期日程は、7/26(日)、8/2(日)、8/9(日)、8/16(日)、8/23(日)、8/30(日)、9/6(日)、9/13(日)、9/20(日)、9/27(日)の全10回です。
https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2

受講はzoomによるオンライン授業になりますので、アプリのインストールをお願いします。

その他、ご相談・お問い合わせは
09098460815
elf.dogschool@i.softbank.jp
elfdogschool@gmail.com

LINE ID: elfdogschool

ページ上部へ