ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

『「犬から見た世界」を読んでます』愛犬に笑顔を♪ 犬のしつけ訓練トレーニングは安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市

『「犬から見た世界」を読んでます』愛犬に笑顔を♪ 犬のしつけ訓練トレーニングは安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市






アルクサンドラ・ホロウィッツ著の「犬から見た世界」を読んでいます。

犬の能力は?認知力は?理解力は?

この本を読むと、自分が犬に慣れていること・・・悪くは、慣れすぎていることを感じさせられます。

プロとして、擬人化はしていないつもり(いや、かなり強く擬人化してるかwww)でも、慣れゆえに暗黙の了解としてしまっている部分に気付かされます。

犬対僕ならばそれでいいのですが(根底での理解がしっかりしているので)、飼い主さんにご説明するには、もっとわかりやすい言葉選びが必要であることもわかります。

本年は、更なる勉強と慢心なき努力によって、更に犬と飼い主さんを笑顔にしていきますよ(*≧∀≦*)

『噛みつき犬 危険犬を強制的にトレーニングすると余計に悪くなる理由』愛犬が笑顔でお勉強♪安心のしつけはエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷

『噛みつき犬 危険犬を強制的にトレーニングすると余計に悪くなる理由』愛犬が笑顔でお勉強♪安心のしつけはエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷






写真の子は、こちらの飼い主さんを幾度となく病院送りにした生粋の噛みつき犬です。
この写真から想像できますか?

この写真はのトレーニングをはじめて2ヶ月経たない頃。
すでに、必要以上にしつこくしない限りは、嫌な顔さえしません。
嫌な顔をしないので、この子を怒る必要もありません。

正直、噛みつき犬の90%以上は、罰するトレーニングを必要としません。

そして、罰することで余計に噛みつきが悪化することはよくあるケースです。

それはなぜか・・・

罰するということは、相手の本意ではないが反抗できない状況に追い込むということです。

つまり、もともと改善のための策ではないのです。

「トレーナーの言うことはきくけど飼い主の言うことはきかない」犬にしてしまい、罰によって抑圧された感情は増幅され、感情を抑える必要のない相手、つまり飼い主さんに、より強い攻撃となって返ってくるのです。

これが、罰するトレーニングによって、犬が余計に噛みつくようになってしまうメカニズムです。

大切なのは、犬自身が自発的に噛むことをやめる=堪忍袋を大きくしてあげることであり、それはそれは、並々ならぬ経験と技術と包容力が必要とされます。

噛みつき犬のトレーニングをプロに依頼する時は、そのことをしっかりと理解できてるトレーナーを選びましょう。

『エルフドッグスクールはブラック企業?(笑)』犬のしつけ訓練トレーニング 東京練馬 中野 杉並 世田谷 エルフドッグスクール

『エルフドッグスクールはブラック企業?(笑)』犬のしつけ訓練トレーニング 東京練馬 中野 杉並 世田谷 エルフドッグスクール






エルフドッグスクールは、年中無休で1日15時間労働なんて時もあります。

休みたいなぁと思うこともありますが、こんな可愛いワン様達に会えるので、いつでも元気ハツラツです♪♪♪

さぁ!明日も僕を待っているワンコと飼い主さんのために頑張りまっしょい(о´∀`о)

『保護っ子が虹の橋を渡りました。出逢ってくれてありがとね♪』東京練馬エルフドッグスクール 保護犬のしつけトレーニング承ります 犬猫殺処分ゼロへ

『保護っ子が虹の橋を渡りました。出逢ってくれてありがとね♪』東京練馬エルフドッグスクール 保護犬のしつけトレーニング承ります 犬猫殺処分ゼロへ






元捨て犬だった保護っ子の福ちゃん。
昨日お空へ帰りました。

僕はトレーニングでこの子に携わりました。
唸って歯をムキムキして、ガウ噛みする子でしたが、飼い主さんがケガをすることはありませんでした。
弱く弱く歯をあてる。そんな子でした。

最後は飼い主さんの腕の中だったそうです。

たった1年半の暮らしでしたが、きっと幸せだったと思います。
いや、幸せでした。

トレーナーをやってると常々思いますが、お別れの日は確実に来るんです。

何故かそれを、近い将来ではないと錯覚します。
明日かも、もしかしたら今日かもしれないのに・・・

だから、愛犬との生活の1分1秒を大切に大切に過ごしてください。

『緩和ケアマッサージで熟睡ワン♪』安心の東京練馬エルフドッグスクール 犬のしつけ訓練 リハビリ

『緩和ケアマッサージで熟睡ワン♪』安心の東京練馬エルフドッグスクール 犬のしつけ訓練 リハビリ






時々前足の関節が痛い痛いなコリーさん。

寒いから余計かな?

手のひら全体でやわらかく筋肉をほぐし、ゆっくりと関節を動かします。

気持ちがいいのでしょう。すっかり熟睡してしまいました♪

筋肉のマッサージは、無理をすると筋繊維を痛めますので、真似して無理はしないでくださいね(*_*)

『愛犬を殺す飼い主のモラルハザード』東京練馬エルフドッグスクール 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市 出張しつけ訓練

『愛犬を殺す飼い主のモラルハザード』東京練馬エルフドッグスクール 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市 出張しつけ訓練






先日、あるSNS上で、愛犬がひき逃げにあったので犯人の目撃情報を求めているという投稿がありました。

ひき逃げはもちろん許されない犯罪です。
しかし、投稿を見て思いました・・・

なぜ愛犬に車道側を歩かせていたのか

そぉ。その飼い主は、散歩中に愛犬に車道側を歩かせていたのです。
トイプードルさんでした。
運転手からも非常に見えにくい小型犬種です。
もし飼い主が愛犬に壁側を歩かせていれば、防げた事故かもしれないと思うと、やりきれない気持ちになりました。


今朝、コリーのトレーニングをしていると、中年男性がウェスティーを連れて、黙ってこちらに近づいてきて、勝手にコリーの匂いかぎをさせはじめました。
また『身勝手なモンスター飼い主』だとイラッときましたが、ウェスティーさんがとても楽しそうだったので、そのまま嗅がせてあげました。
そのうち、コリーの方がうっとうしそうな態度をとりはじめたので、ここいらでこの『身勝手なモンスター飼い主』がひいてくれないかなぁと思いましたが、そこは『身勝手なモンスター飼い主』ですから、こちらのことはおかまいなしです。

このような場面で、大型犬が小型犬に噛みつくケースは非常に多いです。

『身勝手なモンスター飼い主』のせいで、被害を受けるのは犬達です。
かたや噛まる被害をうけ、かたや狂暴な犬のレッテルを貼られる。


世の中には犬猫が嫌いな人達もいます。
確かに根っから苦手な人もいるでしょうが、実は、犬猫嫌いの人の中には少なからず『身勝手なモンスター飼い主』が嫌いだという人がいることをご存知でしょうか?
自宅玄関前に小便大便をされる。
猫に餌をあげて片付けない。
そんな『身勝手なモンスター飼い主』が嫌いだから、犬猫も嫌いになったという人は少なくないんです。
毒餌が撒かれたなんて事件は、これに由来するところもあるのではと考えます。


我々は、自分の中のモラルについて、今一度見つめ直すべきなのではないのでしょうか?

あなたのその行動は、周りの人にとっては迷惑ではありませんか?

もう一度声高に言います!
モラルハザードは、愛犬を殺します!

『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士

『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士
『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士
『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士
『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士
『安心してください。なついてますよ♪とにかく明るいヤスノリ♪』 安心の愛犬トレーニング 東京練馬エルフドッグスクール ドッグトレーナー 訓練士

『負担ゼロを目指すから噛み犬もこんなに愛らしく』東京練馬エルフドッグスクール 犬の出張しつけ訓練トレーニング 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市

『負担ゼロを目指すから噛み犬もこんなに愛らしく』東京練馬エルフドッグスクール 犬の出張しつけ訓練トレーニング 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市






肉球ピース♪(笑)

この子が、幾度となく飼い主さんを病院送りにした咬傷犬だったなんて、想像できますか?

噛む犬には主従関係をハッキリわからせる・・・

それも否定はしません。

ただ当所では、基本的には主従関係の構築よりも、ルール作りと慣れによるトレーニングに重きをおいています。

この子は今まで、病院で3人がかりで押さえつけられて爪切りをされていました。

もちろん、暴れるし噛みつきます。
だから押さえるわけですけど・・・

当所では、まずは押さえつけないやり方でアプローチしていきます。

押さえつけないから暴れない!
暴れないから誉められる!
誉められるから上達する!

私のテクニックによって、暴れる必要のない、噛みつく必要のないタッチができるので、刺激に慣れていき、結果として噛みつくことがなくなるわけです。

もちろん、全ての咬傷犬に同じようにいくわけではありませんが、当所のトレーニングベースは上記です♪

嫌なことされれば、暴れたくなっちゃうよね(*_*)

『新年・抱負・心機一転 ヒゲの犬隊長 ヒゲを剃る』東京練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市

『新年・抱負・心機一転  ヒゲの犬隊長 ヒゲを剃る』東京練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市






年明けに、心機一転ヒゲそってみました。

僕にとって、ヒゲはスイッチ!
気持ちを切り替えるときに、はやしはじめたり剃ったりします。

今年の抱負は
『自尊心を捨てる』

不必要なプライドを捨て、よく学び、今よりももっともっと前へ進む活動ができたらと考えています。

『浮いている毛は抜くべき?抜かないべき?答えは・・・』東京練馬エルフドッグスクール 犬のしつけ訓練トレーニング 出張 中野 杉並 世田谷 武蔵野市

前回のブログ記事の答え。

この回答には様々な意見があるようです。
なので、ここではあくまでエルフドッグスクールではということで話を進めさせていただきます。

冬の寒い時期にアンダーコートが浮いてきた場合、当所では室内飼育の子に関してはスッキリ綺麗にブラッシングしますが、屋外もしくはそれに準ずる寒い場所での飼育の子に関しては、あまりにみすぼらしく浮いている毛以外は、抜きません!

なぜなら、浮いたアンダーコートと皮膚の間に、あたたかな空気の層ができて、犬を寒さから守っていると考えているからです。

前述したように、これには様々な意見があり、抜けているのだから不要な毛説や抜いた方が新しい毛がはえる説などの意見もあります。

当所では、あくまで寒い場所で飼育されている子に関しては、このような手段をとっていますということで、この記事を読まれた方は、選択肢の1つとして考えていただければと思います。

ページ上部へ