ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

噛みつきでも無駄吠えでも、愛犬の問題行動はプロに相談した方がいいですよ。うちでも他所でもいいから

噛みつきでも無駄吠えでも、愛犬の問題行動はプロに相談した方がいいですよ。うちでも他所でもいいから

https://retriever.life/column/55933?fbclid=PAAaZKDdOVoL2z9Ktp3xZZ6QRVcI_k-gfOZhG-JVUzqRuN0VDKoSBaORrKd6g

シェアできないのでこちらにリンク貼りました。公益社団法人 日本愛玩動物協会の広告記事

「行動診療の専門医によれば、2020年から犬の分離不安や問題行動(吠え・噛みつき)に関する問い合わせが増えているといいます。」

とのこと。

現在トレーニング中のワンコの飼い主さんから昨日届いたメール

「昨日もなんとか噛まずに終わり今日も平日でおとなしかったので大丈夫です!」

このワンコ、ブログが有名な目黒のトレーニング施設で、「目に殺気がある」と言われて飼い主さんが落ち込んでしまった子で、殺気どころか超絶甘えん坊だけど、わがままで噛みつく。
でも全然殺気は無い。
なぜなら、噛まれてるのに飼い主さんが大ケガしないから。
つまり殺傷意思が無いということ。

で、現在調子良くてホッとしてます。

まぁ、噛みつきでも吠えでも、愛犬の問題行動なら、当所でよければいつでも相談にのります。
他所が良ければ、そちらを選んだ方がいいと思います。

愛犬との生活の常識は日々アップデートされていく。勉強が面倒なら愛犬を幸せにできないよ

愛犬との共生において、行動分析学の古典的条件付けとオペラント条件付け、及び正の強化トレーニングも、すでに過去の常識になっています。

逆に言うと、愛犬との共生はすでに次のステージにアップデートされているのだから、今の時点で行動分析学が理解できていないということは、すでに大きく遅れをとっているということです。
ドッグトレーナーを選ぶ上で応用行動分析学の無理解は致命的です。

オペラント条件付け、すなわち動物が望ましい行動をしたときに報酬(餌)を与えることで、望ましい行動を引き出す試みは、行動エンジニアリング、のちに行動エンリッチメントと呼ばれていますが、引き出される動物の行動が「自然」でない批判があります。
つまり、犬の生態を無視して人間の生活にのみ着目し、人間にとって都合のよい行動のみを選択してしまう危険があるということです。

そのため、より自然に動物の多様な行動を引き出す方法として提案されたのが環境エンリッチメントです。

そしてこの環境エンリッチメントという考え方は、人間の子供に対するモンテッソーリ教育やレッジョ・エミリア教育ではすでに取り入れられています(環境エンリッチメントという言葉ではないけど)。

罰と褒美を使って子ども(犬)を親(飼い主)の思いどおりにコントロールしようとするのが、「条件付きの接し方」、つまりオペラント条件付けで、一方、行動の良しあしにかかわらず愛情をそそぎ、子ども(犬)の気持ちに寄り添うのが「無条件の接し方」、犬という種の尊重による環境エンリッチメントの考え方です。

まったく感動しない犬塾のテキストも、常にアップデートされて、次期のテキストでは、環境エンリッチメントの他に、まだその単語をググっても犬のこととして出てこない教育理念をご紹介します。

すでに当塾を受講された方で、加筆部を知りたい方はメッセージください。

次期講座4/4スタートの20%off早割期限は、3/3までとなります。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
【まったく感動しない犬塾】
https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2
次期日程決定

(日)コース
4/4、11、18、25
5/2、9、16、23、30
6/6
時間 10:00〜12:00

(火)コース
4/6、13、20、27
5/4、11、18、25
6/1、8
時間 19:30〜21:30

通常¥55,000→ 割引最大40%off ¥33,000

早割: 講義開始日の1ヶ月前(3/3)までにお申し込みで20%off

友割: 友人知人と同期同コース申し込みで20%off

愛犬の行動レパートリーを増やし、ストレスを軽減すために注目の【採食エンリッチメント】とは?

愛犬の行動レパートリーを増やし、ストレスを軽減すために注目の【採食エンリッチメント】とは?

最近、愛犬の行動レパートリーを増やし、ストレスを軽減させるための【環境エンリッチメント】という取り組みが注目されています。

環境エンリッチメントとは、福祉や健康の観点から、飼育動物の行動や生態を尊重し、それに合った刺激や選択の余地を与え、その種に適切な行動と心的活動を引き出すための取り組みのことをいいます。

環境エンリッチメントは、その動物の生態や生息環境などのアプローチから、採食エンリッチメント・空間エンリッチメント・社会的エンリッチメント・感覚エンリッチメントに分類されます。

その中の【採食エンリッチメント】が、最近重視されてきているので、ご紹介します。

採食エンリッチメントとは、
犬は人間からいつも、おおよそ決まった時間に、決まったものを決まった量だけ与えられます。
犬を野性動物のカテゴリーに入れるかは別として、野性動物なら一日の大半を、餌探し、確保、食べることに費やします。ですが、ペットのように管理された生活下では、その時間が極端に減ってしまうことになります。
それは、彼らの行動レパートリーの減少にもつながります。
そのため最近では、餌やおやつを決まった時間ではなく不定期に与えたり、敢えて取りにくい容器に入れることで、犬の探究心を満たし、ワクワクと刺激を与えることで、行動のレパートリーを増やし、ストレスを軽減させる【採食エンリッチメント】という取り組みに注目が集まっています。

噛みつく犬・反発する犬が治らないわけない!だってライオンだってトレーニングできるんだから

噛みつく犬・反発する犬が治らないわけない!だってライオンだってトレーニングできるんだから

ライオンに無麻酔で採血する動画が凄い
https://youtu.be/Eo2D_ggixXs

これは、ハズバンダリートレーニングといって、動物園にいる大型動物や猛獣に施すトレーニングで、採血や簡単な診察なら麻酔をかけずに受診できるよう、動物の負担を最大限減らすことを目的に考えられたトレーニングです。

近年では、ペットの犬・猫のためにも用いられ、当然当所でも取り入れています。

ハズバンダリートレーニングと問題行動改善トレーニングでは違いもありますが、動画で見られるように、ライオンでもできることが犬にできない理由はなく、ブラッシングや爪切りなどで噛みつきにくる犬、過度に攻撃的な犬にも受け入れられるトレーニングです。
特筆すべきは、体罰や不快な刺激を与えることなくトレーニングを進めていくので、トレーニングに失敗することや犬に負担をかけることが無いということ。
そして、ポイントを押さえれば誰でもできるということです。

当然テクニックやセンス、コツが必要なので、自己流よりはプロのアドバイスを受けながら施すことをオススメします。

なんにせよ、動画説明にあるように、数ヵ月のトレーニングで無麻酔採血ができるようになるって、しかもライオンですよ!

当然犬にできない理由はありませんよね!

あとは、やるかやらないかだけです。

愛犬の留守番中の問題行動 原因は心の問題?しつけの問題?

コロナ自粛によるペット需要の増加と、在宅時間の増加によるしつけトラブルが増えていますね。
特に目にするのが【分離不安症】
愛犬と一緒に過ごす時間が増えるのはいいことですが、そのために今度は愛犬が飼い主さんから離れられなくなってしまう。
そもそも犬は非常に孤独に弱いので、留守番や孤独に強いプレッシャーを感じます。

ですが、実は分離不安症と言われながらも、そこまで深刻ではないケースがほとんどです。
獣医さんやドッグトレーナーは、症状に難しい固有名詞をつけたがるのはよくある傾向です。

決めつけはいけませんが、分離不安症の特徴として、自傷行為や破壊行為がよく見られます。
血が出るまで尻尾を噛んでしまうとか、ゲージやクッションを噛みちぎってしまう、1時間でも2時間でも諦めずに吠え続けるなんてのも分離不安症と疑っていいかもしれません。
そこまでの症状が出る子って、そうは多くありません。

分離不安症は心の病気なので、トレーニングのみでの改善は難しいのですが、逆にそうでなければトレーニングで改善できるということです。
分離不安症様の行動で一番多いのは吠えでしょう。飼い主の姿が見えなくなると寂しくて吠えてしまう。ご近所の手前もあるし、なんとかしたいと思いますよね。

この原因のほとんどが古典的条件付けによるもので、犬の中で「出かける準備」と「留守番(孤独)」が結びついた結果です。

在宅中は愛犬をリビングにフリーにしていて、出かける時だけサークルに入れる、などは古典的条件付けが成立しやすいです。

このようなケースの対処は簡単で、古典的条件付けを破棄すればいいわけです。
つまり、在宅中でもサークルに入れる時間を作ること。
愛犬をサークルに入れるけれども出かけないでサークルの側で仕事をする。
コートを羽織り、鞄を持って出かける準備をするんだけど出かけない。
こういった生活を繰り返すと、古典的条件付けは破棄され、サークルに入ることや留守番することに強いプレッシャーを感じなくなります。

ひと手前かかりますが、愛犬のため、ご自分の生活のためにトレーニングに手間を惜しまず、ぜひチャレンジしてみてください。

そして、「これはまずいかな?」と思ったら、すぐにプロトレーナーに相談することです。
しばらく様子を見ようなんて思ってると、大抵問題は悪化します。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
【愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー】
エルフドッグスクールへのお問い合わせ

TEL: 09098460815
mail: elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

LINE ID: elfdogschool

子犬飼ったらパピートレーニングとセットで考えた方が後々楽だと思う

子犬飼ったらパピートレーニングとセットで考えた方が後々楽だと思う

当所のパピートレーニングは、通常たったの4回です。
プラチナパピートレーニングといって、特別バージョンは5回ですが、これは子犬を迎え入れる当日に合わせて初回の飼い方アドバイスをします。
当然プラチナパピーコースの方がトレーニングの成果は出るわけですが、通常のパピーコースでも充分です。

時々、プラス2回程度増える場合がありますが、逆にそこできちんと問題を抑えておけば、生涯に渡って問題行動が出ないのが普通です。

現在パピートレーニング中のゴールデンレトリバーちゃんは、トントン拍子でトレーニングが進んでいるので、通常パピーコースではやらないこともこれからやっていきます。
まぁこれは特別なパターンで、パピーコースでは【トイレトレーニング・吠えの防止・噛みつきの防止・お手入れの受け入れ】など、一緒に生活する上で必要なことを学びます。

なので、おすわりや伏せなどはやりません。
教えても無意味とは言いませんが、パピーコースでわざわざ教える科目でもないので。

特に柴犬に代表される日本犬、感受性の強いチワワ・パピヨン・イタリアングレーハウンド・シェットランドシープドッグ、拾い食いが多いビーグル・ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー、活発で運動量の多いジャックラッセルテリア・ボーダーコリー、気性の強いウエストハイランドホワイトテリア・ケアンテリア・・・

あれ?結局子犬は犬種を問わず、みんなパピートレーニング受けた方がいいってことか(笑)

パピートレーニングの最大の長所は【予防】です!
問題行動が発現してから治療(トレーニング)を施すのではなく、問題行動の芽を事前に摘んでおくことで、生涯に渡って問題行動の発現を予防することが最大の特徴です。

今日も明日も、パピー期をトレーニングせずに過ぎたワンコのトレーニングに行ってきます。


パピートレーニングしてればこんなことにならなかったのに、
ってのは、たらればの話ですね。

正の強化とNO体罰はイコールじゃないよ。愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー エルフドッグスクール 東京 練馬 中野 杉並 世田谷 港区 中央区

正の強化とNO体罰はイコールじゃないよ。愛犬の問題行動専門ドッグトレーナー エルフドッグスクール 東京 練馬 中野 杉並 世田谷 港区 中央区

「強制トレーニングは言語道断!」

これはド正論だけど、別のド正論を言えば、愛犬を捕まえて抱き上げることは強制だし、散歩から帰って足を拭くのは強制だし、爪切りもシャンプーも耳掃除も歯みがきも、自発行動としてみられないならそれは全部強制になります。

強制を廃したいなら「強制とは何か?」を知らなくちゃいけないし、正の強化を理解したいなら他の原理を理解しないといけません。

なぜなら、体罰訓練も最後は正の強化によって強化しますからね。

なので、あげ足取りのド正論を言えば
「私は正の強化によるトレーニングを行っています」は、=NO体罰ではありません。
でも、「私は正の強化によるトレーニング『しか』行いません」これならNO体罰です。
なぜなら、体罰は正の弱化トレーニングだから。

ドッグトレーニング方法のひとつ、シェイピング法は、生起頻度の低い行動を、その行動に近く生起頻度の高い行動を強化、後に消去を繰り返しながら目的の行動に近づけていく、つまり正の強化のみで行われるトレーニング方法です。

逆に、無理強い・体罰訓練(強制訓練)は、対象者(犬)に嫌子を与えることで逃避行動を起こさせ、起こった逃避行動を正の強化により行動の生起頻度を高める方法です。

ほら。両者共に帰結するところは正の強化なんですよ。

加えて説明すると、逃避行動は学習によって回避行動になりますが、回避行動は通常、回避行動を起こす刺激の提示によって起こる(音・光・状況など)ので、刺激の提示が無いとその行動は起こりません。(刺激性抑制)
例: トレーナーがいるときは言うこときくけど、いないときかない。
リードが付いてる時は言うこときくけど、ノーリードではきかない。

また、回避行動が人間の求めている行動になるとは限りません。
例: 犬が噛みつくから棒で叩く
人が求める回避行動→噛むと叩かれるから服従する。
予想外の回避行動→叩かれるから叩かれる前に噛む。叩いてくる相手を排除する。

だから、正の強化だけ知ってても、他の原理の理解ができていなければ、無自覚に強制トレーニングを行っている場合があるわけです。

ところで、そもそも強制って何でしょう?
強制は悪でしょうか?

それはまた、思い出したら書くことにします。

愛犬を幸せにしたい!問題行動を改善したい!本気ならば即行動に移しましょう!犬の一生は短いから

愛犬を幸せにしたい!問題行動を改善したい!本気ならば即行動に移しましょう!犬の一生は短いから

先日のライブ配信に、ご丁寧な感想をいただきました。
ありがたいですね。

ライブ中にも、先輩受講者さんからオススメのコメントいただき、とても嬉しかったです。

まったく感動しない犬塾の受講者さんは、プロ・セミプロが9割で、まだまだ行動学を知るということの重要さが一般的に受け入れられていないことを感じます。

重要なことなので何度でも言いますが、犬との共生を選んだ時点で、行動学を学ばないという選択肢はありません。これは必須です!

だったら1日でも早く学んだ方がいい。
なぜなら、犬の一生は短いからです。

「いつか受けたい」「お金がたまったら受けたい」「興味はある」「都合が合わない」

そんなことを言っているうちに、お別れの時がきます。
その時になって、受けておけばよかったじゃ遅すぎるんですよ!

僕は、犬のためにこの塾をやっています。
なぜなら、応用行動分析学の理解によって、90%以上の問題行動は改善・予防できるからです!

そうすれば、捨てられる犬が減るでしょう。今よりいっぱい愛される子が増えるでしょう。
もっとナデナデしてもらえて、もっといろんなところへお出かけできて、ニコニコして暮らせる時間が増える。そんな一生を愛犬には過ごしてほしい。

だから無料ライブもやるし、割引もするし、どんなライフスタイルの人でも受講できる時間帯に開講して、一人でも多くの人に知って欲しいと願っています。

里親募集中のワンコ預りさんはいつでも無料です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
【まったく感動しない犬塾】
次期日程決定

(日)コース
4/4、11、18、25
5/2、9、16、23、30
6/6
時間 10:00〜12:00

(火)コース
4/6、13、20、27
5/4、11、18、25
6/1、8
時間 19:30〜21:30

通常¥55,000→ 割引最大40%off ¥33,000

早割: 講義開始日の1ヶ月前(3/3)までにお申し込みで20%off

友割: 友人知人と同期同コース申し込みで20%off

とにかく、応用行動分析学を日本中に広めたいという志で開講しています。

いつやるか?今でしょ!

お申し込みは、
TEL: 09098460815
mail: elfdogschool@gmail.com
elf.dogschool@i.softbank.jp

LINE ID: elfdogschool

愛犬の問題行動は原因をつきとめることが解決への最大のポイントで、トレーニング方法の押し付けはご法度

愛犬の問題行動は原因をつきとめることが解決への最大のポイントで、トレーニング方法の押し付けはご法度

昨日のFacebook&インスタライブをご視聴くださった皆さん、ありがとうございました。

ご質問は、
「保護犬を迎えてから、トレーニングを始めるタイミングは?」
と、
「保護犬を迎えたが、散歩中の他の犬への吠えつきが酷い」
という2件

どちらも保護犬のご質問だったことと、特に2番目のご質問は、なんと3度捨てられ今の飼い主さんで4軒目ということ。
これは久しぶりに衝撃でしたね。

この場合、多くはPTSDのようなストレス性の心傷による行動が多いです。
問題行動の原因が行動強化の結果でなく、ストレス行動やPTSDの場合、通常のトレーニングはほとんど効果がありません。
どれだけトレーニングをしても、経験が経験値にならないからです。
つまり、自分が何をしているのか、何を言われているのか、何を要求されているのか、
環境や状況の認知ができず、事象の受容ができないんです。

そのことをドッグトレーナー側が理解してあげないと、どんなにトレーニングしても結果はでません。

犬の問題行動に着眼するのではなく、問題行動を引き起こしている原因を見抜く!
それがドッグトレーニングの最大のポイントであり、ドッグトレーナーにはそれを見抜く経験と知識が必要不可欠です。

トレーニング方法ありきのしつけは、どんなに優しくても、本質的には優しくない

愛犬の問題行動にドッグトレーナーが一問一答配信 本日15:00〜

愛犬の問題行動にドッグトレーナーが一問一答配信 本日15:00〜

本日15:00〜
Facebook & Instagram 同時配信で一問一答やります。

Instagram アカウント→elfdogschool
Facebookアカウント→https://www.facebook.com/tanaka.yasunori.338

冷やかし大歓迎
しつけや介護の話はもちろん、雑談でもいいですよ。

1時間ぼっちは寂しいので、何か声かけてくれると助かります

ページ上部へ