ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ドッグトレーナーの出張訓練先町探訪 杉並区成田

ドッグトレーナーの出張訓練先町探訪 杉並区成田

出張訓練で、都内様々な土地に顔を出します。

今回は、杉並区成田。

ご紹介するのは、五日市街道沿いにある「川名肉店」のコロッケ\70なり。

中味はシンプルな芋ベース。挽き肉は少なめ。衣はサクサクと言うよりは、ガリガリ。
開店直後だと思うけど、昨日の売れ残り?って思うほどの常温具合。

でも決してマズイわけではないし、この大きさで\70のコスパは魅力的♪

お家でチンすれば、結構イケると思いますが、食べ歩き向きではありませんでした(;^_^A

ドックトレーナー 犬の訓練以外の仕事でお疲れ

確定申告…
なかなか終わらない…

出張訓練から帰って、風呂入って夕飯食べて、それからとりかかる頃には10時に…

と言いながら、毎年きちんと終えてるんですけどね(●´mn`)

ただ、疲労が溜まったのか、ものもらいができました(笑)

出張訓練士 新宿区のマックで天才発見(笑)

朝イチの仕事を終え、次まで少し時間が空いたので、西落合のマック。

後ろの席にいる父子。
子供は4〜5歳くらい。

けっ、競馬の話してるっ!!Σ( ̄□ ̄;)

天皇賞がどうのとか、この間はどの馬が勝ったとか。挙げ句の果てには、カイバの食いの話までしてるっ!!

「カイバって、食べ過ぎてもダメなんだよね〜。」
とか話がマニアック過ぎる〜!!
しかも、話の主導権は子供が握ってる〜!!
父親頷いてるだけ〜!!

子供の吸収力の凄さを改めて思いしる。

お子さんを、将来は天才馬券師になさるおつもりですか?

ドッグトレーナーの出張訓練先での悲劇から…

ドッグトレーナーの出張訓練先での悲劇から…

先日の松前漬けの汁が駄々漏れたリュックは、現在洗濯中(-_-;)

なので、代打のバッグ。

やっぱりリュックのが使いいいなぁ(´Д`)

お天気に左右されがちな犬の出張訓練

朝は雨降ってなかったけど、これからは強い雨になる予報。

レインコートを持って出たけど、なるべくなら着たくない…

暑いから…(´ω`)

出張訓練は、雨の日は基本的には振り替えのお休みになります。

今日はまだ降っていないので、このまま通常通りお伺いいたします。

出張訓練先での悲劇 犬が嗅ぐから…

トレーニング先のワンコが、僕のリュックをえらい嗅ぐから、何だと思ったら…

お客さんからもらった松前漬けの汁が駄々漏れ(ノд<。)゜。

マジか…

ドッグトレーナーとして訓練士としての向上心

本日のジョーカー大宮店でのトレーニング指導にて、4ヶ月半の暴れん坊柴君をトレーニング。

ジョーカーさんには複数のプロトレーナーさんが出入りしているのですが、その中の一人のトレーナーさんは、暴れる子は力ずくで押さえるとのこと。

その方法でいいのかと質問されたので、僕は逆に力ずくじゃないトレーニング方法を教えてきました。

指導の中で、先日他のトレーナーさんがやっていたトレーニング方法を、早速自己流にアレンジ。

柴君、暴れることなくすんなり言うこときいてくれて、パピートレーナーさんも感服(^-^)v

あらゆるトレーニングのいいところを盗めるのは、僕の最大の長所です(●´mn`)

まだまだ上手くなりますよ〜p(^-^)q

出張訓練 昨日今日の寒さよ…

昨日今日と、寒の戻りと言うのでしょうか?風が冷たく、芯まで冷えますね((+_+))

通常、出張訓練は自転車で回りますので、寒暖はどちらもツラい…

でも、昔は暑いのがイヤだったけど、ここ数年は寒い方がイヤだ(;^_^A

歳をとったのでしょうか?(笑)

早く春よこい♪

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 大宮SOGO

本日11時より、ジョーカー大宮店にて、パピートレーナーへのトレーニング指導。

今回の試験で、若い子達のレベルアップが実感できましたヽ(´▽`)/

慢心することなく、引き続き一緒に頑張ろうなp(^-^)q

犬のしつけ ドッグトレーニング「犬が本当に喜ぶご褒美は?」その2

それは単に、皆さんの気持ちが愛犬に伝わっていないだけの話です。
ご褒美=オヤツだという先入観が強い方ほどしてしまいがちな失敗のひとつに、犬に指示を出し、実行したらすぐにオヤツをあげるケースが見られます。下手すると無言で。
お座りができたらオヤツ、お手ができたらオヤツ… これじゃあオヤツがなきゃいうこときかない子に育って当たり前です。
犬にとってのご褒美が、オヤツのみで、飼い主さんの心がそこに介在していませんから。
そうならないためにも、まずは、愛犬が指示に従ったことを、あなた自身が喜びましょう。
あなたが喜べば、愛犬は一緒になって喜んでくれます。
そしたらあなたの愛犬は、またあなたを喜ばせようと、きっと次も指示に従おうとするはずです。
これこそが、本当の意味での、人犬の繋がり・絆ではないでしょうか?
オヤツは、ご褒美を「超ご褒美」にするための単なる付属品に過ぎません。
愛犬にとっての一番のご褒美は、あなたの満面の笑みと、歓喜の声だということをお忘れなく。

ページ上部へ