ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

雨の日の出張訓練 トレーニングする?しない?

雨の日の出張訓練 トレーニングする?しない?

雨の日は、基本的には「振替」のお休みになります。

雨の日にお休みになった分は、後日必ず別日にて消化させていただいています。

パピートレーニングはおうちの中でのトレーニングになりますので、雨でお休みになることはありません。

また、急を要する場合や、雨でもお伺いした方がトレーニングが進むと判断した場合も、雨でもお伺いします。

例えば今日は、トレーニングは雨でお休みですが、1件だけ、雨でもお伺いした方がいいワンコがおりますので、そこのお宅にはお伺いします。

犬のしつけトラブル解決には、犬と人間双方改善

冗談まじりに僕の指導力のお話をしましたが、まぁ、プロのスタッフさんから評価されたことは嬉しい限りです。

なぜなら、犬のしつけトラブル改善のためには、犬自身をトレーニングすることはもちろん、飼い主さんのしつけ方を直さなければならない場合も多々あるからです。

その時に、指導力がなく説明がわかりにくければ、しつけトラブル自体の解決が困難になってしまいます。

そういったわけで、プロのみんなから僕の指導はわかりやすいと言ってもらえたことは、とても嬉しいことなんです( 〃▽〃)♪

ジョーカードッグトレーナーによる私のトレーニング指導評価

本日の試験時に、パピートレーナー達から簡単なアンケートをとりました。

その中の、
Q:田中の指導はわかりやすい?
の問いかけに、5段階評価で、9人中5が5人、4が4人で、3以下は0人でしたヽ(´▽`)/

ちょっと安心(●´mn`)ププッ

今回の試験の結果がよかったのは、僕の指導力の賜物です(笑)
ウソウソ(●´mn`)

みんなの努力の賜物です(^-^)v

ペットショップジョーカーにてドッグトレーナー トレーニング試験

本日は、ジョーカー南町田店にてトレーナー試験1日目。

驚くほどのできばえヽ(´▽`)/

みんなよく頑張った(^-^)vウルウル

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 グランベリーモール

本日12時より、ジョーカー南町田店にてトレーナー指導。

ジョーカー3連チャン3日目。

今日が終われば、いよいよあさって火曜日は、トレーナー試験本番1日目。

鬼が出るか蛇が出るか。

犬のしつけ・トレーニング・訓練の○○は無料にて

愛犬のしつけトラブルやトレーニングについて、電話&メールでのご相談は、原則無料です(^-^)v

どうぞ、気兼ねなくお気軽にご連絡くださいませヽ(´▽`)/

犬のしつけやトレーニングは情報共有

犬のしつけやトレーニングは情報共有

このブログに書かれていることに共感いただき、シェアをご希望される方はご一報ください。

質の高い日本のドッグライフを目指すべく、いい内容の話はどんどん広めていきたいですね(^-^)v

噛みつきのしつけに困ったら…まずはこれを実践

僕はトレーナーとしてはかなり珍しく、犬の甘噛みをある程度容認しています。

犬の愛情表現は、なめる・飛びつく・噛むしか無いわけですから、甘噛みも愛情表現なので、度が過ぎなければ許しています。


しかし、ブラッシングや爪切りなど、犬にとって好ましくないことをされた時に噛みにくるのは愛情表現ではありません。
これは単なる不満噛みですから、許してはいけません。

と言っても、ケガするほど噛むのでなければ、ガッツリ怒ることでもないでしょう。

まずは「待て」を口癖にしてください。

「待て」とは、しつけ教室などで習う、お座りや伏せで待つだけが待てではありません。
「動かないでジッとしててね」という意味です。

だから、ブラッシングでも爪切りでも、お散歩から帰って足を拭くのでも、全て「待て」になります。

ジッとしてて欲しい時はいつでも、「待てよ〜。待てだよ〜。ジッとしててよ〜。」と声をかけてあげてください。

ほとんどの方が、無言で黙々と足を拭いたり、ダメダメと言いながらブラッシングをしたりします。
皆さんにも思い当たる節がありませんか?(●´mn`)

今日からは、ダメではなく「待て」を口に出してください。

それだけでもずいぶんやり易くなるはずです(^-^)v

無駄吠えのしつけに困ったら…まずはこれを実践

犬の無駄吠えは、その全てが何かしらの要求です。

寂しい・怖い・不安・甘え・不満・トイレ・ごはんetc…

それを理解してあげなければ、根本の解決には至りません。

無駄吠えを治すには、天罰方式など、様々な矯正方法がありますが、「どうしたの?」と声をかけてあげるのも、また一つの方法です。

どうしたの?何か怖いの?
どうしたの?寂しいの?
どうしたの?遊びたいの?

「どうしたの?」と声をかけることで、愛犬が何を訴えたいのかを聞こうとする心構えができます。
すると、愛犬の要求が理解できることがあります。

吠えるから吠えることをやめさせようとするのではなく、吠えたらその原因を理解してあげ、原因によって最善のトレーニングを行うことが、無駄吠え矯正のための最短のルートです。


まずは愛犬が何を訴えたいのか、それを「どうしたの?」と聞いてみましょう。

犬のしつけに困ったら…まずはこれを実践

愛犬のしつけに困ったら、まず一番最初にやっていただきたいことは…

1日100回愛犬に、「○○ちゃん、可愛いね♪」って言ってあげてください。

愛犬とのしつけトラブルの原因の一つに、心のすれ違いがあります。

愛情かけてるのに思うように伝わらない…
こんなに世話してあげてるのに言うこときいてくれない…
前の子はもっと素直だったのに…


そんな風に思ったり、最近怒ってばっかりだと感じたら、まずは1日100回の「可愛いね♪」を実践してみてください。
それだけでも、ずいぶん改善されることがありますよ(^-^)v

ページ上部へ