ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

犬のしつけドッグトレーニング チワワ 無駄吠え

本日のお悩み。

4ヶ月のチワワちゃん。
要求吠え。

ってことでお伺い。

開始数秒で吠えなくなる。
お金にならない…(笑)

治るほど儲からない(笑)

それが、エルフマジック(^-^)v

ドッグトレーナーの憂鬱…

年末の電車の社内は…


臭い…

朝イチドッグトレーニング

今、白金に向かってるところです(^-^)v

寒い寒い((+_+))

朝イチで、トイプードル×2とチワワちゃんのトレーニングでっす。

犬のガンが消えた?

タカラバイオ研究所(?)から発売されてる「フコイダン」と言う名のドリンク。


一説によると、犬のガンに効くとか(´ω`)

訓練先の飼い主さんの、先代のワンコがリンパガンで、フコイダン飲ませたらガンが消滅したそうですΣ( ̄□ ̄;)

うちの子がそうなったら、絶対飲ませるわ(´Д`)

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 ららぽーと横浜終了

ららぽーと横浜終了。
こちらもvery goodでした(^-^)v

今年新入社員の若い子はまだまだこれからだけど、これからの有望株(*´∇`)

やる気はバッチリ(^-^)v

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 ららぽーと横浜

横浜SOGO終了。
いや〜、目を見張るほど上手くなりましたヽ(´▽`)/
教えがいがあるなぁ〜(●´mn`)


続いては14時から、ららぽーと横浜です。

さてさて、どーなるでしょうか?(●´mn`)ワクワク

カワイイ我が愛犬達(*´∇`)

カワイイ我が愛犬達(*´∇`)

バース君とルイ君のコラボです( 〃▽〃)♪

最強の可愛さですヽ(´▽`)/

犬のしつけ トイレトレーニング

トイレトレーニングですが、とにかく「失敗しない習慣と成功する習慣」をバランスよく両立させることです。
失敗させないだけなら、サークルに閉じこめておけばいいのですし、逆に部屋に放しっぱなしにしていれば100%失敗します。
大切なのは「失敗される前にトイレに連れていくこと」です。
「サークルからの小まめな出し入れ」と「目を離す時はサークルに戻して」がトイレトレーニングのセオリーになります。
それと、トイレが成功した時にだけあげる、特別なオヤツがあると効果的です。失敗した時は、叱らずに黙って片付ける。これは最近では当たり前になりましたね。
そもそも、失敗しちゃうほど長い間放しっぱなしにしちゃダメだということです。

子犬のしつけ パピートレーニング

パピーコースは生後4ヶ月までの仔犬が対象です。(プラチナパピーは、仔犬を向かい入れた初日からのスタートなので、もっと小さいです)
なぜなら、犬というのは生後4ヶ月と10ヶ月に、「打診期」という時期が来ます。
性格や犬種によって多少前後しますが、いわゆる「自分の要求はどこまで通るのか?」を打診してくる時期になります。
そして、犬は生後4ヶ月を過ぎたあたりから、物事への理解力が高まり、原因と結果が結びつくようになります。
なので、悪癖を身につける前に、飼い方の改善とトレーニングを通じて、「問題行動を予防」するのがパピートレーニングの目的です。

パピーに必要なトレーニングは、基本的には、
・トイレトレーニング
・無駄吠え予防
・噛みつき予防
の3つです。

加えて、社会性を身に付けさせるために、ペットショップや動物病院で開催されてるパピーパーティーに参加されることをオススメします。

犬のしつけ トレーニング 【フードガードと咬傷癖】

【フードガードと咬傷癖】
先日当方に、以下のご質問を頂きました。
↓↓↓↓↓
○○センターで、里親様が決まった子が処分されました。理由は、食事をしている最中に手を出すと噛むからです。
選定方法が余りに厳しく、処分前にトレーナーを雇いますと交渉しましたが、その行動は、本犬の防御反応であり、引き出しした後に人を噛む可能性があるとのことでした。
それは本当でしょうか?

↓↓↓↓↓
答えは、YESでありNOでもあります。

まず、人を噛む可能性についてですが、極論を言えば全ての犬が人を噛む可能性を秘めています。
ですから、そんなことを言っては、どの子も助けることができません。

では、フードガードは咬傷癖なのでしょうか?

まず、食事中に手を出せば、噛まれるのはあたりまえです。特に柴を代表する日本犬、食への執着の強いレトリバー、グレートピレなどは噛みにくる率は高いです。もちろん他の犬種にも見られます。しかも、甘噛みなんて優しいものではなく、完全な攻撃の噛みです。
小さいうちから食事トレーニングをしているならともかく、それ以外であれば「食事中には手を出すな」がセオリーでしょう。

しかし、「独占欲」が原因なので、防御反応といえばそうかもしれませんが、それがイコール咬傷癖というわけではありません。
原因がわかっているだけ、対策もとりやすいです。
食事中に手を出したら噛むからというのは、引き出し不可の理由としては厳しすぎると思います。

フードガードは、噛みつくという行動に出るか出ないかの違いはあれど、全ての犬が持っている本能です。
つまり、『フードガードと咬傷癖は、必ずしも一致・比例するものではない』ということです。
フードガードはするけど、普段は甘えん坊な子もたくさんいます。

しかしながら、咬傷癖に繋がる要素ははらんでますので、そうさせないためのトレーニングは必須でしょう。

ですから、YESでありNOでもあるという答えになります。

触ることも困難なほど噛みにくる子はともかく、リードさえ付けられれば、ほとんどの問題行動は改善できます。

ページ上部へ