ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

犬のため、猫のため、多くの苦しむ動物達のために

これから、自民党どうぶつ愛護議連の総会に出席してきます。

民間としてすべきことは何か?
苦しむ動物達を救うためにはどうすべきか?

今日の総会は、動物愛護にとって、大きな希望の会となるはずです。

ジャックラッセル君、訓練してガンドッグになる?(笑)

ジャックラッセル君、訓練してガンドッグになる?(笑)

鴨ガン見してます(笑)
池に落ちるゾ(;^_^A

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 ららぽーと柏の葉

本日11時より、ペットショップジョーカー柏の葉店にて、パピートレーナー指導。

今日から12月。
柏の葉まで向かう電車の車窓からは、白く化粧された富士山が綺麗に見えました(*´∇`)

2月の試験まで、練習も残すところ3回。

どーなることか、こうご期待(^-^)v

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 南町田グランベリーモール

本日12時より、ペットショップジョーカー南町田店にて、パピートレーナー指導。

来年2月のトレーナー試験に向け、みんな頑張っていますp(^-^)q

応援してあげてくださいね♪

犬の訓練士なのに、猫の写真(笑) 中野区にて

犬の訓練士なのに、猫の写真(笑) 中野区にて

にゃ(≡´ω`≡)

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 ららぽーと横浜11月17日

本日14時より、ペットショップジョーカー鴨居店にて、パピートレーナー指導してきました。

日曜日は、ほとんどジョーカーさんに伺っていますが、今日のように、日に2件まわるとやっぱりキツい(-_-;)
でも、そうじゃないとまわりきれないし…

バース君、待ってるんだろーなー(´ω`)

練馬のドッグトレーナー発 犬のしつけに重要な、性格把握

気が大きい
・物音に動じない
・無条件に誰にでも寄っていく

気が小さい
・物音に敏感
・初対面の人や物に警戒を見せる

気が強い
・自我が強い ・ブラッシングなどに強い抵抗をみせる

気が弱い
・刺激を避けようとする
・緊張で体を強ばらせる

この4つ以外にも、細かい個性はもちろんあります。 そして、この4つは混在する場合もあります。 例・チワワなどは、「気が小さい」と「気が強い」が混在する場合があります。
大まかな性格が把握できれば、トレーニングの方向性が見えます。

練馬のドッグトレーナー発 犬のしつけと過保護

ここだけの話ですが、うちの愛犬は過保護に育てられていると思います(笑)

ご飯は完全手作りで、生の馬肉をベースに野菜のみじん切りをトッピングしています。お留守番もなるべくさせないように、家族で協力しながらできる限り誰かが在宅するようにしています。お散歩中も、路地などから自転車が飛び出してこないか、必ず私が先に顔を出して確認します。

どうです?多分皆さんよりも過保護でしょ?
ですが、うちの愛犬は問題行動が0です。過保護なのに。

そもそも、過保護とはなんでしょう?

「犬は自由にさせてあげるのが一番。行きたいように散歩させて、食べたいものは何でも食べさせてあげるのが幸せなんだ。」
これは過保護でしょうか?
いいえ、これは過保護ではありません。
これは、責任の放棄。
厳しい言い方では、「未必の故意による虐待」と言います。

犬は、保護者無くして、幸せで安心できる生活を得ることはできません。愛犬と共に生活をする以上、飼い主さんには愛犬を守る「責任」があるのです。

過保護とは、「過剰な保護」を指しますが、実は、過保護が原因で犬が問題行動を起こすようになるケースは少ないんです。
なぜなら、犬を守るためには、「NO」を教えなければならないからです。
危ないからお散歩での引っ張りはNO。
体に悪いから人間の食べ物はNO。
NOをちゃんと教えてもらえた犬は、問題行動を起こしません。
だから私の愛犬は問題行動を起こさないのです。

そして、次が超重要ポイント。

「NOをYESにしてあげること!!」

愛犬がNOを理解してくれた時には、そのことをいっぱい誉めてあげてください。
NOだけではダメ。YESだけでもダメ。
YESとNOをバランスよく使い分ければ、愛犬は尻尾をブンブン振って皆さんの笑顔を心待ちにするでしょう。

どうか、愛犬を守ってあげてください。「保護」してあげてください。

だからと言って、「外は危険だから、お散歩になんて出さないわ。」なんてのはいき過ぎ。

何事も、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ですね。

練馬のドッグトレーナー発 仔犬の社会化期とパピーパーティーについて

一般的に仔犬の社会化期は生後4〜13週齢頃と言われ、犬種によって多少の前後はあるものの、およそ生後12〜14週のどこかで、この社会化期終焉の瞬間が訪れると言われています。

しかしながら、生後2〜5ヶ月齢程度の子犬であれば、修正的社会化が可能であると言われ、仔犬の性格を見ながら、4〜13週齢の間に経験できなかった社会化をやり直すことが可能であるという見方もあります。

つまり、その仔犬に合った適切なペアの選別や社会的刺激の選別ができるなどの高度なテクニックを持った技術者の元であれば、生後5ヶ月前後までは社会化はやり直せると言うことです。※あくまで机上論ですが。

だとしても、パピーパーティーに参加可能な月齢は、せいぜい6ヶ月までだろう。※それでもギリギリもギリギリって気はしますが…

仮に、社会化のできていない生後11ヶ月の犬と、社会化のできていない生後4ヶ月の犬を一緒にすれば、生後4ヶ月の仔犬が後に犬嫌いになるトラウマを残す可能性が少なくないのは、想像に難しくないはずだ。

パピーパーティーってのは、ただ仔犬同士を遊ばせてればいいってものでは無くて、仔犬の性格を見抜き、適切な遊び相手を選別してあげられるだけの高いスキルが必要です。

パピーパーティーは、仔犬に社会性を身に付けさせるためには必要不可欠ですが、決してそのことを見謝ってはいけない。

人慣れ音慣れ等も同じです。

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてトレーナーへのトレーニング指導 横浜SOGO

本日11時より、ペットショップジョーカー横浜店にて、パピートレーナー指導。

来年2月のトレーナー試験に向け、みんな頑張っていますp(^-^)q

応援してあげてくださいね♪

ページ上部へ