ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【子犬が世の中の刺激に馴れる時期はとっても短い】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【子犬が世の中の刺激に馴れる時期はとっても短い】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






子犬を家族に向かい入れる場合、生後49日〜2ヶ月程度で向かい入れることが圧倒的多数です。
子犬の生後22~84日までは第一社会化期と呼ばれ、子犬が人間についての学習を開始する時期であり、将来の社会化の対象に対する経験が必須な時期になります。
子犬が正常な社会的行動を発達させるためには、同種個体(犬)と異種個体(犬以外、主に人間)の両方と社会的に多く接触する必要があります。
しかし、刺激は多すぎても、子犬がその全てを理解・把握・受容することはできないので、少なすぎるのと同じくらいよくないことですから、子犬の行動を見極めて、適切な量の刺激を与えることが重要なのです。

次に、生後3ヶ月~6ヶ月頃までを第二社会化期た呼び、この頃になると子犬は、それまで見たことのない動物や人間を避けるようになり、拒絶することすらあります。第一社会化期が過ぎても、子犬は何週間にもわたり、仲間や環境についての情報を意欲的に集め続けるので、その時の指針となるのが第一社会化期に定着した「友達or敵」のカテゴリーになるのです。

ですから、パピートレーニングでの社会化がとても重要な意味を持つのですね!

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【4月よりパピートレーニングの内容をリニューアルします】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【4月よりパピートレーニングの内容をリニューアルします】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






エルフドッグスクールでは、パピートレーニングの内容を4月よりリニューアルいたします。
もちろん、今まで以上に質の高い内容となっております。

・トイレトレーニング
・ハズバンダリートレーニング
・中性刺激への馴化
・古典的条件付けの説明
・犬の4大欲求の充たし
・フードガード防止

現在抱えている問題の解決と共に、上記内容を新たに加え、パピートレーニングをよりパーフェクトなものとします。

今のところ料金に変更はありませんが、今後は上がることも検討しておりますので、今のうちに受講されることをオススメいたします。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の幸せは飼い主さん次第「盲目の犬 装具で守る」】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の幸せは飼い主さん次第「盲目の犬 装具で守る」】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






「盲目の犬 装具で守る」
今朝の日経mjに載っていました。
こういうビジネスならどんどん増えてほしいですね。
老犬の徘徊にも役に立ちそう

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬が残してくれた、老犬介護の経験という大きな財産】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬が残してくれた、老犬介護の経験という大きな財産】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






今年も今日でおしまい。

今年は前半から、愛犬バースを失うという失意で折り返しました。

バースの晩年は、痴呆、夜泣き、徘徊があり、家族総出で介護にあたりました。
正直、決して楽なものではなく、うちの子は手がかからなかったなんてことは全く言えない最後でした。
しかし、バースにもらった幸せをお返しするように、みんなで協力してお世話しました。

今思えば、バースは最後まで、僕にドッグトレーナーとして必要な経験を積ませてくれたのだと思います。

年の後半は、歩けなくなった50kgの老犬コリーさんの介護が仕事の3分の1を占めました。
多いときは日に3度、トイレ出しのために抱き上げて車イスに乗せました。

必要なマッサージ、獣医さんとの連携の仕方、家族の心構え、今後の様態の予測、食事の与えかた、心臓に負担をかけない体勢の変え方 etc
その全てをバースが教えてくれていたので、滞りなくお世話することができました。

現在も、訪問介護のペットサービスがあるにも関わらず、当所にご依頼いただけているのは、信頼だけではなく、【経験していないとできないことが山ほどある】ということです。

ドッグトレーナーとしての20年の経験に、バースから教わった介護の経験が加わることで、他者には真似できないスキルを身につけることができました。

介護は専門とはしていませんが、ご希望があればご相談にのったり、実際にお手伝いさせていただくこともできますので、お気軽にご利用いただけたら幸いです。

来年も、エルフドッグスクールをどうぞよろしくお願いいたします。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【あなたは愛犬を連れて迅速に避難できますか?あなたの愛犬は避難所で受け入れてもらえますか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【あなたは愛犬を連れて迅速に避難できますか?あなたの愛犬は避難所で受け入れてもらえますか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




阪神淡路大震災から23年。新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、北海道地震 ・・・
日本は災害大国。普段から防災減災への心構えが必要不可欠です。
いざと言う時、愛犬を連れて避難できますか?
避難先で、あなたの愛犬は受け入れてもらえますか?

クレートトレーニング、無駄吠え防止トレーニング、トイレトレーニングetc
愛犬をしつけることはとっても大事!

愛犬を守れるのはあなただけです!

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【夏に溜まったストレスが秋になって爆発!イタズラ・甘噛み・無駄吠え増えていませんか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【夏に溜まったストレスが秋になって爆発!イタズラ・甘噛み・無駄吠え増えていませんか?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




記録的猛暑だった今年の夏。
いつもよりお散歩を控えた方も多かったのでは?

その分ワンちゃんにとっては欲求不満でストレスが溜まりがちに。

溜まったストレスは、イタズラや甘噛み、無駄吠えなどの問題行動の引き金に!

おや?と思ったら、早め早めの対処をオススメいたします。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【当所がインタビューされました!「ファンタビュー」にて】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【当所がインタビューされました!「ファンタビュー」にて】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




【ファンタビュー】さんに当所をとりあげていただきました

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【ドッグトレーナー資格保持者が年に1度必ず受講しなければならない研修会】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【ドッグトレーナー資格保持者が年に1度必ず受講しなければならない研修会】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷



JKC義務研修会に出席。

今年の研修内容は「犬の栄養学について」。

訓練競技会やオビディエンス、アジリティー、ディスクフリスビー、ドッグダンス、etcに全く興味のない私には、こういう研修はありがたい。

最後には必ず質問します。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の熱中症盲点!水浴びしたから熱中症に?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の熱中症盲点!水浴びしたから熱中症に?】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷



【犬の熱中症あるある盲点】

暑い日の日中、犬に『水浴び』をさせている光景をよく見かけます。
レトリバー犬種などは特に気持ち良さそうに水浴びしますが、問題はその後…

体がビショビショにだから自然乾燥させようと、日向に放置していませんか?

実はこれが超危険!!
毛に残った水が日光に当たって熱くなり、サウナ状態にっ!!
「水浴びの後に日向ぼっこしてるのね」なんて思っていたら、熱中症で危険な状態!!なんてことになりかねません。

水浴び後は、しっかり乾かすか、タオルドライでしっかり水気を拭き取って、必ず『涼しい室内』に連れていってあげてくださいね。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【夏の事故!リゾート時に愛犬が熱中症に!その油断が愛犬の命を奪う】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【夏の事故!リゾート時に愛犬が熱中症に!その油断が愛犬の命を奪う】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷



これから夏休みに入り、愛犬を連れてレジャーに行くかたも増えるシーズンです。
毎年言われているのに愛犬が熱中症で命を落とすケースが無くならないのは、「ちょっとだから」という油断が無くならないからです!

特に、車内に犬を置いて出ていくケースは後を絶ちません。

「ドライブインでお手洗いをすませるだけだからちょっとくらい大丈夫だろう。」
「お昼ごはんを食べるだけだからちょっとくらい大丈夫だろう。」

そんな【だろう運転】が、命を奪うのです!

ページ上部へ