ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

早ければ早いほど、犬のしつけは安くすむ〜その3〜

続き

私はよく、犬のしつけを人間の虫歯に例えます。

虫歯は、できてすぐの時には痛みがなく、歯医者さんでの治療も、簡単に短期間で終了できます。
しかし、今は痛くないからと放っておけば、後々必ず痛みはじめ、治療も長引き、治療自体も痛いっ!!←実体験です(笑)

犬のしつけも同じなんですね。

これって問題かな?と感じた時点で対処してしまえば、簡単によくなってしまいます。
逆に、大人になったら直るだろうなんて安易に考えてると、どんどん悪化するだけですよ。

犬のしつけは、早い対処で短期間にお安く直す!!

これが正解だと思います(*´∇`)

早ければ早いほど、犬のしつけは安くすむ〜その2〜

続き

では、トイレトレーニングや、甘噛み防止、無駄吠え防止などの、社会化とは別のしつけは、いつから始めたらいいのでしょうか?

一番ベストなのは、生後3〜4ヶ月の間と考えます。

この時期の仔犬は非常に多感であり、様々な環境への適応力が高まります。
また、生後4ヶ月前後を仔犬の「打診期」とし、物事を理論づけて解釈するようになり、また自我も芽生え始めます。

自我が出始めてからだと、問題行動を直すのは、多少手間がかかります。
なぜなら、余計なことを覚えはじめてきてしまいますから。

例えば、エルフドッグスクールでのトレーニング修了までの期間をみると、生後4ヶ月未満の『パピートレーニング』の場合は、ほとんどの仔犬が4回\20.000で修了しますが、生後4〜6ヶ月までの場合は、5〜10回\25.000〜\50.000かかります。

生後4ヶ月未満と以降では、最大6回\30.000も変わってしまうんですね。

あくまで例ですが、もっとかかる子もいます。

→その3に続く

早ければ早いほど、犬のしつけは安くすむ〜その1〜

近年、パピーパーティーの重要性が認知されてきました。
犬の社会化の有無は、その後の犬の性格に大きな影響を及ぼします。

特に重要なのは、生後2〜4ヶ月までの社会化で、この時期に仔犬は様々な刺激を受けながら、それらの状況への耐性をつけていきます。

ペットショップなどで行われているパピーパーティーの中には、生後1年まで参加OKというものもありますが、これに関しては少し疑問です。
犬の社会化期は、生後2週程度から始まり、6ヶ月程度までと言われるのがスタンダードだからです。

では、トイレトレーニングや、甘噛み、無駄吠えなどの、社会化とは別のしつけは、いつから始めたらいいのでしょうか?

→その2へ続く

犬のしつけは1週間で変わる

犬は、その環境に適応し始めるまでに、1週間から10日かかると言われています。

例えば、フードを他のメーカーに変えるときなどは、1週間から10日くらいかけて変えていくはずです。
また、ホテルや訓練所に預けた場合でも、大抵は1週間ほどでスタッフになついてくれます。

しつけも同じなんです。

ひとつの問題行動を直すためには、いろんなトレーニング方法がありますが、どの方法にせよ、1週間から10日ほどチャレンジしてみて、なんら改善が見られない場合は、そのトレーニング方法はワンちゃんに合っていない可能性が非常に高いです。
他の方法にシフトチェンジすべきです。

もちろん、少しでも良い方向へ進んだのであれば、時間はかかっても改善へ向かうでしょう。

犬のしつけ ペットショップジョーカーにてドッグトレーナー指導 南町田

本日13時から、ジョーカー二子玉川店にてトレーナー指導。

皆さんと直接お話ができる店舗です。

しつけのご相談などもお答えできますので、ぜひ遊びにきてくださいヽ(´▽`)/

犬のしつけ ドッグトレーナー至福の瞬間

犬のしつけ ドッグトレーナー至福の瞬間

帰り際に、「もぉ帰っちゃうの?」って顔されたら、切なくて帰れなくなっちゃうよ(●´mn`)

犬のしつけ ダックス無駄吠え 続・川口編

クレームきちゃった川口のダックスちゃんに会って来ました。

前回のブログにも書いたように、やはり分離不安症の気は無く、ライフスタイルに改善点が見つかりました。

11歳と、直すにも難しい年齢ではありますが、ご家族のご協力のもと、どうにかなりそうです。

こちらのブログをご覧いただけた方…

これも一つの御縁だと思います。

ご相談だけでも構いません。

困った時には、是非お電話ください。

皆さんの幸せのために。
そして何より、ワンちゃんの幸せのために。

犬のしつけ これって分離不安?

なにをもって分離不安症とするかは、難しい判断だと思います。

ですが、分離不安症である可能性が非常に高い行動は、以下になります。

・自傷行為
・留守中の明らかな便踏み
・数時間に及ぶ吠え

この3つのうち、どれか1つでも見られた場合は、プロに相談するべきと思われます。

犬のしつけ 無駄吠えと分離不安

最近、留守中の無駄吠えを、十把一絡げに「分離不安症」とする飼い主さんや獣医さんがいますけど、少し改めた方がいいですね。

そもそも、分離不安症というのは心の病ですから、やはり行動自体が異常です。

単なる甘やかしと分離不安症を一緒にするのはやめましょう。

ただし、本当に心配な時は、信頼のできるプロに相談して、対策をたててくださいね(´ω`)

プロに相談する時は、分離不安症の犬をトレーニングしたことがあるかどうかの確認をしてください。

犬のしつけ ダックス無駄吠え 川口編

ジョーカーでの指導が終わって、今から川口に向かいます。

これから向かうダックスちゃんは、緊急SOS。
留守中の無駄吠えで、ご近所さんから苦情あり(-_-;)

11歳とのことで、まずはワンちゃんを見てみないことには判断できないと、普段は川口まで伺うことはないんですが、今回特別にお伺いしてきます。

どうなるかは、蓋を開けてみてからのお話。

ページ上部へ