ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ドッグトレーナー育成 本日試験 お台場にて審査員やってます』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ドッグトレーナー育成 本日試験 お台場にて審査員やってます』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

本日11時半より、ペットショップジョーカーヴィーナスフォート店内にて、年に1度のパピートレーナー試験やってます♪

今年から試験の様子をご覧いただくことができるようになりましたので、平日ではありますが、ぜひ彼らの日頃の努力を見に来てあげてください♪

僕は審査員やってます(о´∀`о)

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ドッグトレーナー育成 ペットショップジョーカーららぽーと柏の葉』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

あさってと来週の火曜日は、年に1度のトレーナー褒賞試験。

若手もベテランも、日頃の成果を発揮して欲しいです。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『噛みつき犬のレッテルを貼られて』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『噛みつき犬のレッテルを貼られて』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

昨日から腰を痛めてしまい、今朝は自転車に乗れず、電車通勤してます(笑)
それはそれでツラくもあるんですが(*_*)

そんな時は、トレーニング先のワンコに癒してもらうのが一番♪

この柴さんは、飼い主さんに縫うほどの大ケガをおわせ、僕のトレーニングを受けることになりました。
爪切りもできず、獣医さんで3人がかりで押さえて切っていたそうです。

僕は押さえなくても切れます。

暴れるか暴れないかは、やり方ひとつ。

噛まれるか噛まれないかも、やり方ひとつ。

噛みつき犬にするか噛まない犬にするかは、接し方ひとつですね。

抱っこしてチューもできますよ(笑)

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーのトレーニング部門の行く末 お台場ヴィーナスフォート』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーのトレーニング部門の行く末 お台場ヴィーナスフォート』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

本日12時より、ジョーカーヴィーナスフォート店にてトレーナー試験前の合同練習会。

今朝、一瞬腰をグキッとしてしまい、ヤバイかもと思ったらみるみる痛みだして、歩くのがツラいです(*_*)

それはさておき、ジョーカートレーナーの指導も、もぉ5〜6年になります。
レベルアップすべく、様々なプランの提案をしてはいますが、なかなか通りませんね(涙)

現在のトレーニング業は、昔と比べて安易になってしまいました。
「できないのは飼い主のせい」と言ってしまえばどーにでもなる業種になってしまいました。

ジョーカートレーナーには、そうはなって欲しくなくて、事細かに指導していますが、さてさて、今年はどんな年になりますでしょうか?

いつでも必死です!

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーSOGO千葉店にてトレーナー指導』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーSOGO千葉店にてトレーナー指導』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

本日11
時より、ジョーカー千葉店にてトレーナー指導。

少し早めに出れたので、千葉までゆっくり各駅停車の旅です。

例年、年末年始は暇になるのですが、今年はすでに新規のご相談が多数。
お陰さまでありがたいことですが、ヘトヘトにはなっています(笑)

私も来年で40になりますので、疲れはとれなくなりました。
逆に、自分のペースというものをつかめるようにはなりましたが(^-^)

老犬も同じですね♪
歳をとると、その子その子のペースが出てきます。

うちのバース君とルイ君は、年々甘えん坊になっていきます(//∇//)

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーイオンモール武蔵村山店にてトレーナー指導』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『ペットショップジョーカーイオンモール武蔵村山店にてトレーナー指導』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

本日14時より、ジョーカー武蔵村山店にてトレーナー指導。

小雪がちらつく寒い日ですが、頑張って参りたいと思います。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクール『過干渉が生み出す多感症』杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動が直らないのは、過干渉が原因かもしれません。
干渉し過ぎ。

全て御膳立てして、進むべきレールを敷いてあげ、叱らないしつけを一生懸命実践する。
過干渉に育てられた子(人間も)は、ストレス耐性が弱いので、少しの刺激でも多くのストレスを抱えます。
結果、異常な吠えや攻撃的な噛みが発症してしまう。

このブログでも何度もお話していますが、ストレスには、ユーストレスとディストレスがあります。

ストレスフリーとは、このディストレスがフリーの状態を指すことですので、ユーストレスをフリーにしてはいけません。
刺激から遠ざけることが、必ずしもストレスを生まないとは限らないわけです。

心を育てる上で必要なストレスは与えてあげないと、少しの刺激で心のバランスを崩す、感受性の過剰な状態である「多感症」にしてしまうわけです。

トレーナーは、犬の気持ちをわかってるの?

「○○さんは本質を理解してない」と言う人がいる。
あなたは本質を理解しているのですか?

「△△さんは偽物だ」と言う人がいる。
あなたは本物なのですか?

本質とは何ですか?本物とは何ですか?

はい。
ただの主観です。

意識の片寄っているトレーナーさんに依頼した依頼者は、可哀想ですね。

愛犬を笑顔に♪しつけ訓練は安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 武蔵野市 西東京市 『ペットショップジョーカーららぽーと柏の葉キャンパスにてドッグトレーナー育成指導』






本日11時より、ペットショップジョーカーららぽーと柏の葉キャンパス店にて、パピートレーナー育成指導でした。

運動後にふらつく!ボーダーコリー衰弱症候群て?【ドックトレーニングは安心と実績の東京エルフドッグスクール 練馬 杉並 中野 武蔵野 西東京】

運動後にふらつく!ボーダーコリー衰弱症候群て?【ドックトレーニングは安心と実績の東京エルフドッグスクール 練馬 杉並 中野 武蔵野 西東京】






もとリンクはこちらです。
↓↓↓
http://www.koinuno-heya.com/news/2016/august/30.html

激しい運動をした後に突如として昏倒する「ボーダーコリー衰弱症候群」の発症原因に関する詳細な調査が行われました。
 「ボーダーコリー衰弱症候群」(Border Collie Collapse, BBC)は、ボーダーコリーを始めとする牧羊犬が、激しい運動をした後に突然フラフラになり、立っていられなくなる謎の病気。「運動誘発性衰弱」、「運動誘発性高体温症」、「ストレス発作」、「ワブルズ」(wobbles)など様々な別名がありますが、すべてに共通しているのは「運動によって誘発される」という点と「暑さによって増悪する」という点です。その他の基礎知識は以下。
ボーダーコリー衰弱症候群(BBC)
症状
運動開始から5~15分で始まり、方向感覚と眼の焦点の喪失、精神作用の遅延から、「歩く時に前足を必要以上に高く上げる」といった異常行動へ進展し、最終的には体重を支えきれずにどちらか一方に倒れ込む。衰弱症状は5~30分間続くものの、熱中症のように数時間から数日間体調不良を引きずるということはない。
原因
基本的な原因は不明。これまで北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどで報告例があり、作業犬として働いている牧羊犬や、アジリティやフライボールに参加している競技犬に多いとされる。またペット犬でも、フェッチ(取って来い)運動を反復的に行った後に発症することが知られている。
好発犬種
ボーダーコリー、オーストラリアンキャトルドッグ、オーストラリアンケルピー、オーストラリアンシェパード、ビアデッドコリー、コリー。ボーダーコリーに関しては、特に作業犬ラインで好発する。

 ミネソタ州立大学、サスカチュワン大学、カリフォルニア大学による共同調査チームは、謎の多い「ボーダーコリー衰弱症候群」の原因を解明するため、犬に課す運動量を統一した上で比較実験を行いました。調査に参加したのは、臨床上健康な16頭のボーダーコリーと、BBCを患う13頭のボーダーコリー。健康な16頭のうち11頭、BBC13頭のうち6頭には「ボールを用いた取って来い運動」を、そして残りの犬たちには「羊追い」をさせたところ、12頭で精神作用の異常や歩行異常が現れたといいます。そしてそれらは全てBBC犬だったとも。
 その後、全ての犬に対し直腸温度、心拍数、動脈血のpH、血液中の酸素量(PaO2)、重炭酸塩濃度、筋電図検査、バイオプシーを行いましたが、両グループ間に明白な違いは見い出せませんでした。さらに遺伝子検査により、高体温症に関連している「V547A」という遺伝子や、ラブラドールレトリバーの衰弱症候群に関連している「dynamin-1」という遺伝子を調べたものの、変異は見つからなかっといいます。
 こうしたデータから調査チームは、何らかの形で遺伝が関わっている可能性が疑われるが、現時点でボーダーコリー衰弱症候群の明確な原因はわからないという結論に至りました。

 ボーダーコリーを飼っていて「足元がふらつく」とか「歩き方がおかしい」といった症状に出くわした場合、「ボーダーコリー衰弱症候群」(BBC)のほか「セロイドリポフスチン症」(CL症)や「熱中症」といった疾患の可能性を考慮する必要があります。
 「セロイドリポフスチン症」(CL症)はボーダーコリーで多く見られる遺伝的疾患の一種です。1歳以降に発症し、進行性の運動障害、認知障害、視力障害を主な症状とします。「方向感覚を失う」など「ボーダーコリー衰弱症候群」(BBC)と似たような症状示しますが、BBCの症状は一時的であり、30分ほど安静にしていれば、まるで何事もなかったかのように元気になります。一方CL症の方は、年齢を重ねるごとに徐々に悪化し、脳細胞に蓄積したセロイドリポフスチン様物質のせいで最終的には死に至ります。
 BBCは決して致死的な病気ではありませんが、日中の激しい運動は全く別のルートを通じて犬の命を危険にさらすことがあります。それは「熱中症」です。ボーダーコリーは非常に活発な犬種で、わずか10分間の運動でも体温が41.7℃にまで急上昇するといいます。ですから、暑い環境であまりにも長時間運動させてしまうと、体内にたまった熱を十分に放出することができず、動けなくなってしまう危険があるのです。 フライングディスクなどの激しい運動はボーダーコリー衰弱症候群のリスクを高める  ボーダーコリーを飼ってる方は、犬に運動障害が見られた場合「CL症」、「BBC」、「熱中症」の可能性を念頭に置きつつ、適宜獣医さんに相談する必要があります。ただし「BBC」に関しては、獣医さんでも知らないことが多く、全く別
の診断名がつけられることがあります。また、仮に正しく診断されたとしても、原因がよくわかっていないので確実な治療法も存在していません。「激しい運動を避ける」とか「暑い時の散歩を止める」といった予防策を徹底することが間接的な治療になります。上で紹介した動画などを見て、典型的な症状を覚えておけば早期発見に役立つでしょう。

↑↑↑
本文より抜粋しています

ページ上部へ