ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【指導者は最新の理論を学べ❗理論無くして導き無し❗】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【指導者は最新の理論を学べ❗理論無くして導き無し❗】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷
愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【指導者は最新の理論を学べ❗理論無くして導き無し❗】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷







今日・明日の日本経済新聞に【体罰なき子育てへ】という記事が特集されています。
これは子育てだけに限らず、動物と接するうえでも大変参考になるので、こちらでまとめます。
必読ですよ‼️

↓↓↓
人間を含め、哺乳類及び鳥類の行動強化プロセスは、大きく【古典的条件付け】と【オペラント条件付け】の二本柱で同じです。これを【行動分析学】といいます。
違うのは【動物行動学】で、これは種ごとにそれぞれの動物行動学に分かれます。
この動物行動学と行動分析学を合わせたものが【応用行動分析学】です。

この記事で桑田さんが、子供達に「自発的に取り組んでもらう。」と言っています。この自発的な行動のことを【オペラント行動】といい、自発行動はオペラント条件付けのプロセスをたどります。
桑田さんは、自発行動を促し伸ばすために、指導する側は最新の理論を学ばなければならないと説いています。
同時に、「大人は、自分は人生の正解を知っていると思い込んでしまう。」と言っています。

とかく人間の大人は無学に、「犬とは、猫とはこういう生き物だ。だからこう育てるのが幸せなのだ。」と思い込みがちであり、またそれを否定されることを強く拒みます。
しかし、本当の教育とは、自発性の導きであり、【どうやって自発的行動は強化されるか弱化されるか】を理論的に学ぶべきなのです。

尾木さんも、実はオペラント条件付けについて語っているのです。

「成功体験の積み重ねが重要」とは、オペラント条件付けの【正の強化】にあたります。
行動後に、成功という報酬を得ることによって、行動は強化されるのです。

また、体罰による矯正については「痛みや恐怖を避けるための条件反射で、本質的な理解につながりません。」と言っています。
これは、オペラント条件付けの【正の弱化】のことです。

体罰や叱責によって、一見言うことをきいているように見えても、実は、【正の弱化】によって行動が押さえ込まれているだけかもしれません。

「何回言ってもわからない」原因は、本質的な理解につながっていないからなのです。

では、何が本質なのか?
それを指導する側が理解しなくて、なぜ子供を導けましょうか?

大人は常に学ぶべきなのです❗
そして、それは飼い主にも言えることなのです。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬が犬として生きるための散歩〜自由な嗅覚の世界〜】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬が犬として生きるための散歩〜自由な嗅覚の世界〜】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




【匂い散歩で犬を生きる】

犬の能力で最もすぐれているのは、もちろん嗅覚です。
犬は視覚よりも嗅覚で、対象の輪郭や方向、病気の有無、雌雄、食べ物、その他もろもろを判断します。
しかしペットの犬達は、人間との共生によって、極端に嗅覚を使うことを制限されます。

自分で探さなくてもたっぷりのゴハンが出てきて、変化の乏しい室内で生活をし、散歩では匂い嗅ぎを制限されます。

そんな生活の中で、犬は犬を生きることからだんだん遠ざかってしまうのです。

そこで、散歩ではこの【匂い散歩】がとっても効果を発揮します‼️
制限されることなく犬は自由に様々な匂いを嗅ぎ、匂いの粒子を受け止め、犬を生きることの幸せを感じられるのです。

やり方は、リードを緩めた状態のノンバリアで犬の行きたいところ嗅ぎたい場所を嗅がせてあげる。それだけです。

ただし‼️
重要な注意点はあります‼️

・ノンバリアと言っても、誤飲は絶対に防がなければなりません。犬が匂いを嗅いでいる付近に、タバコの吸殻、チキンの骨、吐き出されたガム、猫のウンチなどが落ちていないか注意深く先に観察すること‼️
・他人や他犬に近寄って迷惑をかけないこと‼️
・炎天下のアスファルト、有刺鉄線、鋭くとがった草木などの危険な場所は避けること‼️

匂い散歩は、ただ勝手に散歩させるのとはわけが違います。犬に自由を与える分、飼い主さんはいつも以上に注意をしておかなければなりません。
スマホを見ながら散歩なんてしてたら、事故に繋がりますよ‼️

その代わり、この【匂い散歩】で充たされた愛犬の日常の落ち着き方をみたら、多少の苦労は吹き飛びます☺️

ぜひ試してみてください

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【難解な動物行動学もエルフドッグスクールならここまでわかりやすく vol.2】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【難解な動物行動学もエルフドッグスクールならここまでわかりやすく vol.2】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




大きい意味で『行動学』と呼ばれるものの文中に、しばしば
【機能的】と【機構的】
という言葉が使われます。

何のこっちゃ???で、読んでも結局理解できないなんてことがよくあります。

行動学で出てくる【機能的】とは、物理的・生態的・社会的環境のことで、外的要因。
【機構的】とは、知覚や行動システムに関わる能力のことで、内的要因です。

覚え方は、
機構 → 気功
体内エネルギーだから『内的』

機能 → 昨日は寒かったね
外が寒いのだから『外的』

と覚えると、難しい専門書を読んでも理解しやすいはずですよ。

エルフドッグスクールでは、専門用語もここまでわかりやすく説明します。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【難解な動物行動学もエルフドッグスクールならここまでわかりやすく】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【難解な動物行動学もエルフドッグスクールならここまでわかりやすく】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




行動学を勉強していると、この【弁別】という言葉を目にします。
先日、やはり行動学をベースにしているトレーナーさんが、「例えば、お父さんの言うことは聞くけどお母さんの言うことは聞かない。これを弁別と言います。」と説明しているのを目にしました。
しかし、この本には『類似性』と書かれていますね。

さて、どちらが正しいのでしょう?

実はどちらも間違いないではないのです。

【弁別】の意味は、『2つ以上の異なる刺激の間の差異を感知する作用』

ですから、両者とも使い方としては間違いないではない。

でも、弁別とか言われてもわかりにくいですよね。

行動分析学では、おもに【弁別刺激】という単語で登場します。

わかりやすく説明すると、
【次の行動をおこす際の目印となる刺激】
のことです。

例えば、カップにコーヒーが入っていて、片方は湯気がたち、もう片方はたっていないとします。
湯気がたっている方のコーヒーを飲む場合、フーフーしますよね。

この『フーフーする』行動を引き起こす目印となるのが、湯気という弁別刺激です。

『湯気が出てる』か『出てない』かが【弁別】です。

エルフドッグスクールの授業では、ここまでわかりやすく説明します。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【気付き力こそプロの力量!集中力と経験値】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【気付き力こそプロの力量!集中力と経験値】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷




【気付き力】は、プロの力量をはかる重要な指針です。
気付き力は、「集中力」と「経験値」です。
言葉がラッピングだとすると、気付き力は中身の値段です。

写真の矢印は、欠けた歯と飛び出した歯髄です。

こういうところに気付けるか否かで、トレーナーの力量はまるっきり違います!

トレーナーなのですから、トレーニングはできて当たり前です。
その人の底力は、こういうところで垣間見えます。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬の行動学を調べたてみたけど、頭に?マークがいっぱい浮かんでしまった全ての人に捧げます】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【犬の行動学を調べたてみたけど、頭に?マークがいっぱい浮かんでしまった全ての人に捧げます】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






行動学セミナーで使うための、巨大ホワイトボードが自宅に来ました。

これは、当所で開講(6月予定)する、行動分析をメインとした犬学セミナーで使用します。

今日は特別に、講義内容のひとつ『古典的条件付け』の図解説明の写真を。

古典的条件付けとは、全ての哺乳類の行動を動機付ける条件付けのひとつで、古典的条件付けの他に、オペラント条件付けという2種類の行動動機付けがあります。

犬も猫も馬もイルカも人間も、全ての哺乳類の行動は、この2種類の条件付けによって形成されます。

加えて当所では、犬の本能と能力を理解し、愛犬とのよりよい関係を築いていただくための『犬学セミナー』を開講予定です。

写真の図解は、古典的条件付けを理解している人なら、この図がどれほどわかりやすいかご理解いただけると思います。

古典的条件付けを知らないという方は、ぜひ当所の行動学セミナーを受講なさってください。
誰にでもわかる説明とテキストでお待ちいたしております。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【パピーパーティーは参加すればそれでオールOKではない!!】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【パピーパーティーは参加すればそれでオールOKではない!!】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






【社会化期におけるパピーパーティーや社会的刺激への仔犬の恐怖の芽生えと消失】

パピーパーティーの意義は、単に仔犬同士を遊ばせることではありません。
仔犬はパピーパーティーで、他の犬に出会った時にどう振る舞うかを経験します。この際、最初の何回かの出会いが「規則」を作る上でとても重要になります。

例えば初めての参加で恐怖を感じたとします。すると、以降何回かは最初に感じた恐怖を思い出してしまいますが、それ以降の参加で恐怖を感じることがなければ、恐怖はまもなく忘れられていきます。
しかし、恐怖を感じた状態のまま払拭するチャンスを得ることなく時間が経過してしまうと、恐怖心は消えることなく、それどころか他の犬全てに恐怖を感じるようになってしまうのです。
なので、社会化期において仔犬を社会的刺激にさらす際には、飼い主およびトレーナーは子犬の行動に細心の注意を払わなければならないのです。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【子犬が世の中の刺激に馴れる時期はとっても短い】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【子犬が世の中の刺激に馴れる時期はとっても短い】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






子犬を家族に向かい入れる場合、生後49日〜2ヶ月程度で向かい入れることが圧倒的多数です。
子犬の生後22~84日までは第一社会化期と呼ばれ、子犬が人間についての学習を開始する時期であり、将来の社会化の対象に対する経験が必須な時期になります。
子犬が正常な社会的行動を発達させるためには、同種個体(犬)と異種個体(犬以外、主に人間)の両方と社会的に多く接触する必要があります。
しかし、刺激は多すぎても、子犬がその全てを理解・把握・受容することはできないので、少なすぎるのと同じくらいよくないことですから、子犬の行動を見極めて、適切な量の刺激を与えることが重要なのです。

次に、生後3ヶ月~6ヶ月頃までを第二社会化期た呼び、この頃になると子犬は、それまで見たことのない動物や人間を避けるようになり、拒絶することすらあります。第一社会化期が過ぎても、子犬は何週間にもわたり、仲間や環境についての情報を意欲的に集め続けるので、その時の指針となるのが第一社会化期に定着した「友達or敵」のカテゴリーになるのです。

ですから、パピートレーニングでの社会化がとても重要な意味を持つのですね!

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【4月よりパピートレーニングの内容をリニューアルします】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【4月よりパピートレーニングの内容をリニューアルします】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






エルフドッグスクールでは、パピートレーニングの内容を4月よりリニューアルいたします。
もちろん、今まで以上に質の高い内容となっております。

・トイレトレーニング
・ハズバンダリートレーニング
・中性刺激への馴化
・古典的条件付けの説明
・犬の4大欲求の充たし
・フードガード防止

現在抱えている問題の解決と共に、上記内容を新たに加え、パピートレーニングをよりパーフェクトなものとします。

今のところ料金に変更はありませんが、今後は上がることも検討しておりますので、今のうちに受講されることをオススメいたします。

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の幸せは飼い主さん次第「盲目の犬 装具で守る」】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷

愛犬の問題行動 本当に直したいなら 東京練馬のエルフドッグスクールまで【愛犬の幸せは飼い主さん次第「盲目の犬 装具で守る」】練馬 杉並 中野 武蔵野 新宿 世田谷






「盲目の犬 装具で守る」
今朝の日経mjに載っていました。
こういうビジネスならどんどん増えてほしいですね。
老犬の徘徊にも役に立ちそう

ページ上部へ