ホーム>スタッフブログ>『腕の良いトレーナーは上質のワイン』愛犬を笑顔に♪しつけ訓練は安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 目黒 武蔵野市 西東京市
スタッフブログ

『腕の良いトレーナーは上質のワイン』愛犬を笑顔に♪しつけ訓練は安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 目黒 武蔵野市 西東京市

『腕の良いトレーナーは上質のワイン』愛犬を笑顔に♪しつけ訓練は安心のエルフドッグスクール 東京練馬 中野 杉並 世田谷 目黒 武蔵野市 西東京市






ナパ・バレーから届きました♪
お取り寄せしても飲みたいワイン。「bread&butter」

カリフォルニアのワインです♪

ワインと言えば、やはりフランスが有名ですから、カリフォルニアワインなんて美味しいの?と思われるかもしれませんが、あのオーパスワンに代表されるように、世界を代表するワインを数多く排出している土地です。
今や、ワインの勉強をするならカリフォルニアと言われるほどで、科学的で合理的に美味しいワインを作っているそうです。

ドッグトレーニングの世界でも同じことが言えます。
行動学に基づいて、誰でも合理的に愛犬をしつけられるので、トレーナーも昔ながらの修行などの非合理的な習慣は排除され、ネットや本を読んで、動物取り扱い業の申請を出せば、誰でもトレーナーになれるようになりました。

しかし、科学的に合理的にワインが作れるなら、なぜ美味しいワインと不味いワインができるのでしょうか?

美味しいワインを作るには、まず美味しいワインがどういう物かを知らなければなりません。
そこに知識をのせるわけですが、これでもまだ足らない。
天候や湿度や勘という、非合理的な『経験値』という価値が合わさって、初めて美味しいワインを作ることができるのです。

ドッグトレーニングも同じですね。

まず、質の高いトレーニングとは何かを知らなければ始まりません。
そこに知識をふんだんに詰め込んで、さらに自ら多くの『経験値』を身につけて、初めて腕の良いトレーナーになりうるわけです。

まぁ、トレーニングを依頼したトレーナーがいいトレーナーかどうかは、頼んでみないことにはわかりませんね。
私も、ラベルや説明文を読んで選んだワインが、全くの期待はずれだったなんてことは多々ありますから(笑)









トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elfdogschool.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/705

ページ上部へ