ホーム>スタッフブログ>2020年6月

2020年6月

『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』当所のオンラインカウンセリングが優れている理由

『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』当所のオンラインカウンセリングが優れている理由






『withウイルス時代の犬のしつけのあり方』
1日の感染者数が、ジワジワ上がってきましたね。まぁ、感染者が全てではありませんが。

それにしても、今後はコロナしかりインフルしかり・・・
withウイルスの生活様式へと変わっていくでしょう。

病院は別問題として、学校やライブハウスではクラスターが発生しましたね。キャバクラやホスト通いなどでの感染者も増えています。
逆に、危惧されていたパチンコ屋や通勤電車での爆発的な感染拡大は起こっていないようです。
そうなると、やはり会話等による【飛沫感染】が一番の感染リスクなのかなぁと当たりをつけても間違いはなさそうです。

当所のような出張トレーナーは、飼い主さんとの距離が近く、カウンセリングやトレーニングの説明などで必ず会話をしなければなりませんから、マスクはしているものの、当然ご依頼者さんに不安はあるでしょう。

withコロナの新時代は、【ドッグトレーナーに頼らない時代】の幕開けではないでしょうか?
もう、愛犬のしつけをプロに依頼するのではなく、ご自分が正しい知識を身につけて愛犬とのベストを見つける。そんな時代が来たのだと思います。

当所では早くからオンライン化をしたので、すでにオンラインカウンセリングが可能ですし、去年から行動学の塾も開催していますから、飼い主さんに理論的にわかりやすくご説明ができます。

新時代へ向けて準備万端です!

マコなり社長の言葉を借りて「こんなドッグトレーナーはヤバい」

マコなり社長の言葉を借りて「こんなドッグトレーナーはヤバい」






自分のブログで「こんなトレーナーはヤバい」って私が言っても、どうせ自分にとって都合のいいことしか言ってないだろ?って思われてもしかたありませんよね。
なので、先にこの動画を見てください。

https://youtu.be/LyW7tmd8npk
【一瞬でバレる】仕事ができない人の話し方TOP3

私が言ってるのではなく、マコなり社長さんが言っていることを、そのままドッグトレーニングの文言に変えてみました。

そしたらどんな内容になったのか。
↓↓↓↓↓
時代がwithコロナ時代になり、ドッグトレーニングのあり方も変わってきました。
オンラインでのしつけ相談も急激に普及しています。
同時に、オフラインとは、やり方も説明の仕方も変わって当然です。
その中で、こんな語りをするドッグトレーナーはちょっといただけないって例をいくつかご紹介します。

【事実ベースで語らない】
オンラインでもオフラインでも、ご質問を受けることは当然多くあります。
そんな時、自分では結論を答えているつもりでも、相手には伝わっていないことってあります。
そもそも相手が問合せ・質問をしてきたってことは何ででしょう?
そう。不安があるからですよね。

例えば、
Q トレーニング期間はどのくらいですか?
A 犬の能力性格によって違うので一概に言えません

これ、一見すると正論だし、聞かれた質問に明確に答えていますね。
でも、相手はトレーニング期間を聞くことによって、期間はもちろん、費用がどのくらいかかるのか、費用対効果はどのくらいなのかを知りたいわけです。
生き物相手なんだから、トレーニング期間が一概に言えないことは相手も当然わかっています。未保証だからこそ不安もあるわけです。

では、
「ワンちゃんの能力や性格の違いもあるので一概には言えません(事実)が、一般的には改善までの期間は年齢と同じだけかかると言われます(事実)。でも実際に当所では、そこまで長くかかる子はほぼ0です(事実)。それと、飼い主さんがどれだけトレーニングに前向きに協力してくれるかは、トレーニングをスムーズに進める上で重要です(事実)。当所では犬の応用行動分析学を取り入れることで理論的にトレーニングを進めています(事実)。可能な限り実践しやすい方法、わかりやすい説明ができるよう努力しますので、1日も早い改善を目指して頑張りましょう。」

これならどうですか?ずいぶん不安は解消されるのではありませんか?

ここで間違いやすいのが、事実ベースではなく『個人の解釈』で話をしてしまうことです。
「この子は優しそうだから、覚えは早いと思いますよ。」
一見相手が安心しそうな文言ですが、実は全く何にも答えていません。
「優しさ」や「幸せ」などは、人それぞれで解釈が違いますので、この手の単語の使い過ぎには注意が必要です。

【相手が理解できているかの確認をしない】
人って相手の話を聞くときに、途中に何か一つでもわからないことがあると、その後の話は頭に入ってこなくなってしまいます。ですから、聞き手がきちんと理解しているかどうかを、話手は小まめに確認する必要があります。
オンラインの場合、実際にやってお見せすることができない分、説明力の高さは必須になるし、それを相手が理解できているかどうかは、その後のトレーニングが円滑に進むかどうかの最大のポイントになります。
その際、「ここまでは理解できましたか?」と聞くと9割は「はい」と答え、「ここまでで質問はありますか?」と聞くと9割は「ありません」と答えます。
これを鵜呑みにして聞き手が理解できているんだと思ってしまうと危険です。
相手が理解したかどうかの確認をするために、こちらから質問を投げるといいです。「では、この場合はどうしたらいいと思いますか?」などの問いかけをこちらからすることで、相手がどのくらい自分の話を理解できているかがわかります。
その作業を行わないトレーナーにオンライン相談を依頼するなら、ご自分でしっかり理解できる必要がありますね。

【話が自分本位】
相手が何を知りたがってるかよりも、自分が何を話したいかが優先してしまってる。これはドッグトレーナーにはメチャクチャ多いです。
例えば「愛犬の◯◯の行動に困っています。」という相談をされた時、結構多くのトレーナーが「それの何が問題なんですか?その行動をされてなんで困るんですか?何のために犬を飼っているんですか?犬なんだから当然の行動です。」って返事することが多いです。こういうふうに言われた飼い主さん、言ったことのあるトレーナー、いるはずです。
これって、トレーナーが気持ちいいだけで、実は何の解決にもなっていませんよね?
犬の行動として当然であることを説明するのはいいのですが、改善が目的ではなく、相手を屈服させることが目的となってしまっています。

ただこの、相手を屈服させる話し方って、困ったことに一定の人には結構効果があるんですよね。
例えば、頑固親父が握る寿司屋で、食べ方や所作まで上から目線で語ってこられても、威圧的だからこそ説得力があって美味しく感じてしまう人がいますよね。あれと同じです。
この場合はしょうがないです。自分が共感しているので、どうしようもありません。そのトレーナーを信じて進みましょう。

↓↓↓
この様に、話を聞けば当然のことのようですが、実はドッグトレーナーに相談することってそんなに頻繁にあることじゃないから、なかなか比較することが難しいんですよね。
それに、自分の知らない知識を持っている相手に相談するのだから、言われたことを受け入れがちになってしまいますしね。

・事実ベースで語らない
・相手が理解できているのかの確認をしない
・話が自分本位
これらを今後、オフラインはもちろん、オンライン相談やオンライン講座を受講する際の判断材料にしてもらえれば幸いです。


お問い合わせ
電話 09098460815
mail elfdogschool@gmail.com
elfdogschool@i.softbank.jp
LINE ID : elfdogschool

行動分析学・鬼の夏期講習【怒濤の8時間集中】zoomによるオンライン授業で全国どこからでも受講可能

行動分析学・鬼の夏期講習【怒濤の8時間集中】zoomによるオンライン授業で全国どこからでも受講可能





プロ・セミプロ・意識高い飼い主様用
行動分析学・鬼の夏期講習
【怒濤の8時間集中】

8/10(月祝) or 8/13(木) ※両日内容は同じです
110分×4時限
1時限目 9:00〜10:50
2時限目 11:00〜12:50
3時限目 13:30〜15:20
4時限目 15:30〜17:20+10分

料金:¥33,000(消費税・テキスト代込み)

zoomによるオンライン授業ですので、全国どこからでも受けられます。※ネット環境が悪いと参加できない場合がありますのでご注意下さい。

ご参加表明されましたら、振込先とzoomのアカウントをお知らせいたします。
※テキストはお振込確認後にご郵送させていただきます。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
【まったく感動しない犬塾】のテキストから、さらに脂身を削ぎ落として削ぎ落として濃厚に煮詰め、1日で行動分析学の主要部分をコンプリートします。

withコロナ時代において、行動分析学はプロにとっても飼い主にとっても必須知識になります。なぜなら、オンライン化の普及で説明力の高さが求められ、今まで以上に理論的な説得力が求められるからです。

たった1日です❗たった1日だけ脳をパンク寸前まで追い込んで、今のうちに揺るぎない知識の骨格を形成しちゃいましょう‼️

〜授業内容〜
①行動の科学的な理解のしかた
②レスポンデント行動〜古典的条件付け〜
③オペラント行動
〜オペラント条件付けの基本4パターン・三項随伴性・消去の原理・弱化と消去の違い・阻止の随伴性・行動強化スケジュール〜

行動分析学は、トレーニング法ではありません。なので、皆さんのトレーニング理念はそのままに受講していただいて大丈夫です。

ハッキリ言って難しいです‼️難しいからみんなやりたがらないんです‼️
「興味はあるんですけどね」
「覚えなきゃとは思ってるんですけどね」
この言葉、今までに何度聞いてきたことか。

じゃあいつやるか?まさに今でしょ‼️

やるか?受けるか?
答えは二つに一つです‼️

やるからには、こちらも徹底的にサポートしますよ。

問い合わせ
電話 09098460815
mail elfdogschool@gmail.com
elfdogschool@i.softbank.jp
LINE ID : elfdogschool

【わかるまで教えます!犬の応用行動分析学講座】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン

【わかるまで教えます!犬の応用行動分析学講座】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン






【まったく感動しない犬塾 受講アンケート】

受講生からアンケートをいただきましたので、一部公開いたします。

Q:犬塾受講によって、応用行動分析学をどの程度理解できましたか?

A:お一人だけ20〜40%という方がいらっしゃいましたが、概ね60〜80%はご理解されています。
「自分に理解できるだろうか?」という心配はいりません。
予習復習などは必要ですが、どなたでもご理解いただけるよう、難しい単語も咀嚼してお伝えいたします。

Q:受講料はいくらが妥当だと思いますか?

A:平均して¥50,000〜¥62,000という金額でご支持いただけました。
ちなみに第3期は¥33,000ですので、相当割安に感じていただけるはずです。
以降、段階的に値上げしていきますので、安いうちの受講をオススメいたします。

第3期日程は、7/26(日)、8/2(日)、8/9(日)、8/16(日)、8/23(日)、8/30(日)、9/6(日)、9/13(日)、9/20(日)、9/27(日)の全10回です。
https://elfdogschool6.wixsite.com/-site-2

受講はzoomによるオンライン授業になりますので、アプリのインストールをお願いします。

その他、ご相談・お問い合わせは
09098460815
elf.dogschool@i.softbank.jp
elfdogschool@gmail.com

LINE ID: elfdogschool

【正の強化でダイエットしてみたら想像以上だった】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン

【正の強化でダイエットしてみたら想像以上だった】エルフドッグスクール いぬのきもちが手に取るようにわかる!ドッグトレーニング 東京 大阪 神戸 福岡 無駄吠え 保護犬 犬のしつけ 問題行動 オンライン





ドッグトレーニングで用いられる行動分析学の【正の強化】を利用して、コロナ自粛期間中にダイエットしてみたら、想像以上に痩せました。

どんなもんか、ご説明いたします。

ダイエットに成功した私からヒトコト言わせていただくと【楽して痩せたい】というモチベーションでいるうちは、まず痩せられません‼️

なぜなら、楽して痩せたいというのは【ツラいことは避けたい】。つまり、ダイエットはツラいものということが前提になっているからです。

『痩せる』という喜びに対して、『運動や食事制限』という不快が勝ってしまうと、行動は強化されません。

なので私は、オペラント条件付けの【正の強化】を使って、自発的に行動強化を起こし、ダイエットに成功しました。
では、正の強化によってダイエット行動を強化するには、どうすればいいのでしょう?

まず、正の強化を理解しましょう。
正の強化とは好子(好ましい事や物)出現による行動の強化のことです。つまり、報酬が加わることでその行動は強化されるということ。
犬なら「お座りの指示によってお座りをしたらオヤツがもらえた。」これは正の強化です。
自分の理想体型に近づくというのは、ダイエット行動を強化するための好子となります。

逆にダイエット行動を弱めてしまうのが、嫌子(不快や苦痛)が加わることで行動が弱まる【正の弱化】と、好子が失われてしまうことによって行動が弱まる【負の弱化】です。

ダイエットの王道は運動と食事制限でしょうが、運動は正の弱化を、食事制限は負の弱化を引き起こす原因になります。
ダイエット行動強化の鍵は、行動を弱化させる要因を失くすことです‼️

ポイントは『楽して痩せるではなく、楽しく痩せる』です‼️

運動による嫌子は、苦しい有酸素運動や筋トレによって出現します。
大抵の人は、目標設定が高すぎます。「何kmを何分で走る」「毎日走る」など、目標設定が高すぎると、目標をクリアすることが困難になり、行動強化の障害となるばかりではなく、運動が嫌子になってしまいます。
私の場合、有酸素運動をする上での嫌子要因は、変化の無さと肉体の苦痛でした。
公園などをグルグル何周も走ることがつまらなく、だんだん苦痛になってくる。頑張って走ると息が苦しく足も痛んでくる。
そこで、まずこの嫌子を取り除きました。
その結果、私のジョギングのルールは以下になりました。
・知らない町を走る(変化の無さを除去)
・苦しくなるほどペースを上げない(苦痛の除去)
・足が痛くなったらすぐやめる(苦痛の除去)

はじめのうちは30分も走れば膝に痛みを感じたので、すぐに走るのをやめていましたが、今では1時間ジョギングをしても足は痛まず、会話ができるほどのスローペースなので、知らない町の風景やお店などを発見しながら楽しくジョギングしています。
【楽しいは好子】なので、ジョギング行動は強化されます。また走りたいという気持ちになります。
そのうち山手線一周runもできるかもしれません。

食事制限は好子の消失になりがちです。
つまり、美味しいものという好子が食べられない。お腹いっぱい食べるという好子が得られない。
そうすると、行動は弱化されてしまいます。
なので私は、美味しいものの概念を変えました。
肉や炭水化物ではなく、野菜の美味しさを知る。
八百屋さんに行くと、旬の野菜が並んでいます。これをどんな料理にしよう、これはどうやって料理するんだろう?そんなことを考えながらする買い物はとてもワクワクします。今までチャレンジしなかった料理にチャレンジするのも楽しかったです。最近のマイブームは干し野菜です。瓜の雷干しや干し茄子は、干している間も早く食べたくて待ち遠しくなります。
旬の野菜を調べたり、レシピを調べるのもとても楽しいです。
【楽しいは好子】なので、野菜料理を作る行動は強化されます。
もうひとつ重要なのが美味しいこと❗
野菜料理を作っても、美味しくなければ行動は強化されません。好都合なことに、私はそこそこ料理ができるので、この点も充分クリアできました。
野菜の美味しさに目覚めると、面白いことに肉を食べたい欲求はほとんど無くなりましたね。
お腹いっぱい食べたい欲求の方は、豆腐や厚揚げで満たしました。
この時期、茗荷や新生姜を薬味にした冷奴などはとても美味しく、お腹も満たされますよ。

こうして、嫌子の出現や好子の消失を無くし、理想体型に近づくという好子だけを得られるので、ダイエット行動は強化され、結果私のダイエットは成功したというわけです

ページ上部へ